Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

クラウドアウトライナー「Workflowy」 を使ってみよう!

   

この記事の所要時間: 625

IMG_1903

どうも、今日は一日妙に眠かった怜香@Ray_mnzkです。そいや今日はまた定例会議だったのでした……相変わらず私の関わらない分野の話ばかりですが、今日は急ぎ用意してほしいと言われた資料作りを会議中にやらせてもらえたのでまだマシでした。こういう時は何かしら手を動かすのが一番です、退屈をごまかせますw

さて、今日は「Workflowy」というクラウドアウトライナーのお話をします。
これはご存知の方多いかと思います。愛用してる方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。私も結構前から導入だけはしていたのですが、実は今の今までほとんど使わずに放置していたんですよね……。どうも理解の難しい仕様があって。
ですが、今日何とはなしにWorkflowyのこと調べていたら、「こうすればよかったのか!」という発見があり。「これなら使える!」と思えたので、使い始めてみることにしました!いい機会なのでご紹介しますね。

Sponsored Link

Workflowyって何ぞや?

Workflowy」とは、クラウドアウトライナーと呼ばれる類のツールです。アウトライナーというのは、箇条書きした項目を階層化したり、順序を入れ替えたりできるエディタ。
……と言ってもイメージしづらいと思うので、画像でお見せしましょう。こんな感じのものが作れます!

IMG_1894

ネタがZektbach考察なのは気にしないでくださいww先日記事を書いた後、Zektbach叙事詩について調べていたら居ても立っても居られなくなって考察始めちゃったのですww

何はともあれ、Workflowyではこのような形のものを作ることができます。まずは頭にあることを片っ端から書き出して、あとから並び替えたり階層化したりして整理できる。アイデア練るにはうってつけのツールですね。

具体的な使い方については、以下の記事が分かりやすいのでご覧になってみて下さいませ。

これを使えば頭スッキリ?オンラインアウトラインエディタ『WorkFlowy』の使い方 | nanapi [ナナピ]

ちなみに、これからWorkflowyを使ってみようという方は、こちらから登録頂くと無料で使える分量が増えます!私も無料で使える分が増えて助かりますので、よろしければ是非!

アウトライナーが一つしか使えない!?

さて、実際にまっさらなWorkflowyに項目を書き込み、並べ替えや階層化を行って一通りリストを仕上げたとします。
そして新しく別のテーマでリストを作ろうとしたとき、あることに気づくと思います。

今の画面をまっさらに戻して、新規作成する方法がないのです。

普通、新しく一から作ろうと思ったら、今の画面を一旦まっさらにして、新規作成しようと思いますよね。そしてほとんどのツールでは、それを可能にするための方法があります。
しかし、Workflowyにはそれがありません。使えるアウトライナーは、ひとつだけなのです。
一応、今書いたものをすべて削除して、まっさらな状態に戻すことはできます。ただそれだとそれまでに書いていたリストは残らないので(リアルタイムで自動保存されるため、削除するとすぐ保存される→前のものが残らない)、コピペして何か別のメモツールなどに退避させておく必要があります。

……正直、邪魔くさいですよね。

とはいえ、今まで作ったリストのすぐ下に全く新しい内容を付け加えたら、今まで作った内容と混同してしまう恐れもあるし、何よりごっちゃになっていて気持ち悪い!
では、どうすればいいのでしょう?

タイトルを最初の項目にして、その下にすべての項目をぶら下げる!

実は、ひとつのアウトライナーで複数のリストを扱うためのいい方法があります。
項目を書き出す時、一番上にタイトルを記した項目を作って、その下の階層にすべての項目をぶら下げるのです!

具体的にはこういう感じです。

IMG_1898

Workflowyでは、ある項目の下の階層にも項目がある場合、下の階層の項目を折り畳んで非表示にすることができます。方法は、項目の右側に表示されている「-」をタップするだけ。
つまり、上の画像で「Zektbach考察」の下に続いている項目をすべて折り畳むと……

IMG_1899

ほら、こんな風にすっきり片付きます!
もう一度開く時は、項目の右側にある「+」をタップするだけ。折り畳む前の状態に復元されますよ。
こうすると、最初の画面にはリストのタイトルだけがずらっと並ぶことになります。必要な時に、必要なリストだけを開けます。まるでファイルを開くような感じですね!

特定のリストだけを抜き出して表示させられる!

とはいえ、先ほどの方法では、リストを開いた時に別のリストのタイトルも目に入ってきて嫌だ……となってしまう人もおられるかと思います。
……大丈夫。必要なリストだけを抜き出し表示させる機能があります!

では先ほどの「最初の画面」で、必要なリストのタイトル左にある「●」をタップします。

IMG_1896

すると、以下のようにそのリストが抜き出されて開きます!「●」をタップした項目は、ページ冒頭にタイトルよろしくでかでかと表示されます。

IMG_1900

これで無事に必要なリストだけを抜き出して表示させることができました!

タイトルを項目にして、その中身をタイトル下の階層にすべてまとめておくと、こうやってそのリストを独立させて表示することができるようになります。
つまり、ひとつのアウトライナーで、複数のリストを管理することができるようになるのです!

あらゆるリストを、ひとつのアウトライナーにまとめられる!

以上のような方法を用いると、ありとあらゆるリストをWorkflowyの「ひとつのアウトライナー」に集約することができます。
情報が一か所にまとまっているので、何かリストが必要になった時は、このWorkflowyを探せば見つかることになります。検索機能もついているから見つけやすいですよ!
Evernoteもそうなのですが、情報を一か所に集めておくと、「いざとなったらここを探せばある!」という安心感を得られます。「どこにあるのか皆目見当がつかない」状態にはならなくなります。これだけでも大分気の持ちようが違ってくるものです。クラウド型なので、どの端末を使っていても見つけることが出来るのも大きいですね。

Evernoteとの違いは、「リストを扱うことに特化している」点でしょうか。アウトライナーですから、扱うものは基本的に「箇条書きできるような項目」です。単純にリストとして使うこともできます。しかし、並び替えや階層化が出来ることを活かして、アイデアを練る場として使うのが効果的かなと思います。「これはさっきのアレの下にくっつけて……」なんてことが、簡単にできるわけですからね!

なお、今回はiPhoneアプリ版Workflowyを用いて説明しましたが、Windowsでも使える「Web版」でも操作は同じですよ!

今日のあとがき

実は私が今までWorkflowyを使わなかった理由は、まさしくこの「アウトライナーが一つしかない」ことにあったんです。「これじゃ一つのネタしか管理できないじゃん!」って。
ですが、ようやくわかりました。タイトル項目作ってその下にぶら下げればよかったんですね……ってこれ、Todoistのサブタスクも同じようなものじゃないか!
……と、こうやって書いてみてさらに発見があったりして。「ちょっと触ってみたけどよく分からないからやめる」ってのが、いかに勿体ないことかって感じです。何事もまずは調べて、理解してみようというところから始めなきゃですね!

ちなみにWorkflowy絡みでいくつかネタを考えているので、また追々記事に出来たらなと思っております。それでは!

 - Webツール

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

Scrapboxで我流バレットジャーナル・はじまり編。そもそも何故Scrapboxでバレットジャーナルをやろうと思ったのか?
この記事の所要時間: 755

Scrapboxでバレットジャーナルをやっていこうという連載企画、第1回。今回は本来はアナログノートで行うべきバレットジャーナルを、何故Scrapboxでやろうとしたのかを語ってみることにする。

個人的タスク管理三種の神器を紹介してみる(3)タスクシュート編
この記事の所要時間: 1149

個人的タスク管理三種の神器シリーズ最終回。私がタスク管理に使っている3つのツールのうち、今回はTaskChute Cloudについて、どのように活用しているか等を解説する。

ゲーマーなWorkflowyユーザー必見!使用中のアプリを閉じることなく(Workflowyに)メモを取る方法
この記事の所要時間: 127

iPhoneでゲームなどのアプリ使用に没頭している時に何かメモすべきことが思い浮かんでも、使用中のアプリを閉じないことにはメモを取ることはできない。しかし、特にゲーム中はアプリを閉じることで不便が生じる場合が多い。そんな問題を解決し、アプリを閉じることなくメモを取る方法を紹介する。

WorkflowyからiPhoneを使ってTodoist・たすくまにタスク転記できるブックマークレットが来たよ!
この記事の所要時間: 1119

クラウドアウトライナーであるWorkflowyは、タスク管理にも使うことができる。しかし、リマインダー設定やタスクシュートのためにTodoistやたすくまと併用する場合は、Workflowyからタスクを手作業で転記する必要があった。
ところがこの度、この転記の手間を省いているブックマークレットが登場した。ここではその使い方や注意点を中心に紹介・解説していくことにする。

WebページのURLをWorkflowyに保存できるChromeアドオン「Workflowy Clipper」が便利すぎてヤバい件!
この記事の所要時間: 818

クラウドアウトライナーであるWorkflowyは、APIが公開されていないために、他のアプリなどから直接書き込みを行うといったことは出来ないという制約がある。しかし、そんな制約を打ち破るChromeアドオンが存在していた。クリック一つで閲覧中のWebページのリンクをWorkflowy内に作ることができる「Workflowy Clipper」というアドオンをご紹介する。

Apple Musicは自動更新オフにすると自動更新スイッチ消えるよ!請求額書かれた購読開始メールは自動更新オフ後でも来るよ!
この記事の所要時間: 1014

7/1にサービス開始された、Appleの月額課金制音楽配信サービス「Apple Music」。登録したままの状態では無料トライアル期間終了後に月額料金が発生するため、課金を防ぐためには自動更新をオフにする必要がある。しかし筆者はこの作業中にまさかの躓きがあったので、その解決までの流れを備忘録がてら記す。

個人的タスク管理三種の神器を紹介してみる(1)クラウドアウトライナー編
この記事の所要時間: 1120

現在、私はタスク管理に3つのツールを併用している。それらを用いてどうタスク管理を行っているかを、これから全3回にわたって解説していくことにする。今回はその第1回、クラウドアウトライナーを活用したタスク管理についてお話しする。

Scrapboxで我流バレットジャーナル・カスタマイズ編。Scrapboxを活用していくために施したカスタマイズを紹介!
この記事の所要時間: 1259

Scrapboxで我流バレットジャーナル連載、第2弾。今回はScrapboxでバレットジャーナルを行っていくにあたり、どのようなカスタマイズを施していったのかを紹介する。

タグやデスクトップ版表示を使って、スマホでのWorkflowyトピックの移動やコピーを楽にしよう!
この記事の所要時間: 919

クラウドアウトライナー「Workflowy」は、PCでは非常に使いやすいツールである。しかし、スマホでの使用となると、途端に極めて操作性が悪くなる。中でも、複数トピックまとめての階層化や移動、コピーが行えないのはかなり厳しい点だ。今回は、そんなスマホ版Workflowyの難点を少しでも改善させるような方法をご紹介する。

「あとで読む」ツールとしてEvernoteへのWebクリップを使っていた私がPocketを導入した理由
この記事の所要時間: 107

今まで長らくの間「あとで読む」ためのツールとしてEvernoteへのWebクリップを愛用してきた私だが、この度思うところあってPocketを導入した。実際使ってみたら思いの外便利に活用できる手応えを感じたので、今回はPocket導入への経緯を含めお話しする。

Comment

  1. […] クラウドアウトライナー「Workflowy」 を使ってみよう! | 月光の狭間 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA