Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

「 書評・記事評 」 一覧

それは「誰」の物語なのか。 〜らした先生からの「成功者の本」にまつわる3つの設問を考えてみた

この記事の所要時間: 851

8月20日に倉下忠憲さんがブログ「R-Style」に投稿なさった、「成功者の本」という記事。この記事には、「成功者の本」にまつわる3つの設問がある。今回は、この3つの設問について私なりの解答を示してみることにする。

らした先生の「writingの現場」を見た感想。ブログ執筆ツールとしてのアウトライナーとエディタに思うこと。

  2015/08/01    書評・記事評 ,

この記事の所要時間: 1245

先日記念すべき250号を迎えられた、倉下忠憲さんのメルマガ「Weekly R-style Magazine」。その250号のコンテンツのひとつ「writingの現場」から大変多くの気づきを得られ勉強になったので、記事としてまとめてみることにする。