Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

「今」を幸せに生きよう、という話

      2015/02/23

この記事の所要時間: 75

毎週恒例の朝イチ会議で見事に寝落ちかかった私です。本当に寝落ちていたことも一度や二度ではありません。営業担当メインの会議なので、内勤オンリー事務職な私にはほぼ関係ない話ばかりで構成されてるんですもん……話が振られるのも最後の数分だけだし、私のいる意味あるんかな……と思い続けてはや数年(笑)
どんなにつまらない会議でも寝ずに済む方法あったら教えてください。今のところは妄想に興じて乗り切ってます(話聞けよw)。

さて、今日はずっとネタリストに放り込まれたままお蔵入りになりかかっていたネタを引っ張り出してみることにします。 といっても、自分の思考を少しばかり書いてみるだけですけれど。
ただ、意見には個人差がありますから、「何なんこれおかしいやろ!」と感じる内容になっている可能性ありです。そこんところご留意頂けましたら幸いです。


人間、未来を見据えて生きろ、とかなんとか言われますけども。
私は、未来よりも「今」を大切に生きることを旨としています。

人間ってのは案外いつ死ぬか分からないものです。
そりゃ、長生きしたいし、長生き出来るだろうときっと誰もが思っていると思います。実際に長生き出来ている人もたくさんいます。
でも、ほんのちょっとした歯車の狂いで、不意に亡くなってしまう人がいるのも事実です。
事故や事件に巻き込まれたり、災害に見舞われたり。あるいは、何らかの病気が密かに進行していて、突然死する羽目になったり。様々な要因が悪い方向に重なって、生きるのが苦しくなって自ら生命を絶ってしまうことにならないとも限りません。
自分では思いもしないタイミングで、人生が終わってしまうかもしれないのです。

将来こういうことをしたい、こういう風になりたい。
そういった目標を掲げて、将来幸せになるために、少しずつでもいいから前へ進む努力をしていこう。今は苦しくても。
……大いに結構です。
その目標を達成できるその時まで、確実に生きていられるというのなら。

何事も100%ってのはないものです。
もしかしたら、遠い将来に掲げた目標に向かう道すがらで、生命が終わってしまうかもしれない。その可能性は決してゼロではありません。
もし万が一そうなってしまったら、「自分は幸せな人生を歩んでこれた」と胸を張って言えるでしょうか。
やっぱり、何かしら後悔が残るんじゃないかなぁ、と私は想像しています。

だから、たとえ明日死ぬことになってしまっても、最期の瞬間に悔いを残さないために、「幸せな人生だったよ」と言えるために、未来よりも「今」を大切に生きたいな、と思っているのです。


実を言うと、私は自分の人生を50年ほどと見積もっています。今ちょうど折り返したあたりです。
殆どの人からしたら「50年は短すぎ」と感じるでしょう。私も時々そう感じていたりします(笑)実際は60年ぐらいかなぁとも思っていたりします。
別に早死に願望があるわけじゃありません。実際に早く死ぬ可能性が十分にあり得ると思っているからです。
私は母と、母方の祖母がともに癌の経験があります。というか祖母は癌で亡くしました。その後母にも癌が見つかって、ああ、母方は癌家系なんだろうな、と悟ったわけです。
こうなった以上、私だけが癌にならない可能性はむしろ低いです。今すぐか遠い先かはまだわからないけれど、いずれ確実になるだろうなと思っています。
別に怖くなんてありません。もう分かってるので。癌が見つかって切除なりした時には自分の癌細胞の観察でもしてみたいなぁなんて突飛なことも考えていたりするほどです(理系だった時期があるもので)。
(ちなみに母が癌の手術を受けた際、切除された部分の現物を見せられたのですが、一緒に付き添いに来ていた薬剤師の知人と共に興味津々で観察していた記憶がありますww当の母親にはドン引きされましたがww)

まあそんなわけで、(長生き出来たらいいなぁとは思いつつも)自分の人生そんなに長くないだろうなっていう考えが根強いわけです。
人生長くないとするならば、目標を遠い将来に置いてしまっては途中で終わってしまう可能性の方が高くなります。そうなったら(少なくとも私は)確実にめちゃくちゃ後悔します。やりたいことが出来なかったわけですから。

悠長なことは言ってられません。
やりたいことは「今」やるしかないのです。
「今」幸せにならなければ、いつ幸せになるんですか。


「やりたいこと」ってのは、何でもいいと思います。別に高尚なものであるとか、世のため人のためといったものである必要はないです。
「それをやったら今の自分が幸せを感じられること」であれば、何でもOKです。
素敵な恋をして結婚することでもいい。アイドルの追っかけに奔走するとか、毎日アニメやゲームに興じるとかでもいい。非リアでオタク街道まっしぐらでもいいのです、自分が幸せだと感じられるなら。
何をもって幸せであると定義するかを決めるのは、自分自身です。他人が決めることじゃありません。
一度しかない人生なんだから、幸せに生きなきゃ損ってもんです。

でも実際のところ、そうそう自分の思い通りに生きられるわけではありません。幸せじゃない!と感じる日々が続くこともあるでしょう。どうにか克服できればいいのですが、難しいものです。
そういう時、「それをやったら幸せを感じられること」があれば、それを行うことで、束の間でも幸せを感じることが出来ます。全く幸せがない状態より、多少なりとも良いはずです。好転するきっかけになるかもしれないですし。

私にもかつて「こんな人生嫌だ」とグレていた時期がありました。全然幸せじゃない状態。生きていてもつまんないや、と思ってたりしてました。
そのうち、開き直ってしまいました。多少なりとも気持ちは吹っ切れたのですが、完全にではなく、不幸ではないが幸福でもない、中途半端な日々を過ごしました。
それが変わったのは、いつも幸せだと感じる日々が送れるようになったのは、心から大好きだと思える事物に出逢えたからです。
私にとってそれは、宝塚歌劇でした。

「心から大好きな、幸せを感じられること」
私の場合はある時期に突然見つかったのですが……昔からずっと好きでやっていることがあり、それをしている時は幸せを感じられる、そういったものを持っている人もいるでしょう。
「これをやっていたら幸せ!」と思えることに出会えたor持っている人は、どうか疎かにしないで、ずっとそれを大切にしてやってください。毎日を幸せに生きるための鍵ですから。
将来の幸せを見据えて行動する時であっても、「今」幸せを感じることを忘れないでくださいな。
「今はそんな幸せに感じられることなんてないよ!」って人も、そのうち出逢えるはずですから。気になったものにはとりあえず手を出してみるのも一つの手だと思います。案外、ひょんなところに幸せの鍵はあるものです。


私は今宝塚のおかげで日々幸せを感じて生きることが出来ていますけれど、なんだかそれに飽きたらず、「もっと自分の思うままの人生を歩みたい!」と思っていたりします。
自分の人生なんですから、自分のために、すべて自分の思い通りに生きたい、というわけです。
当たり前ですがその達成は非常に困難です。なんて自己中心的なんだと非難する人もいるでしょう。
分かっています。いいんです。普通の人とは違う生き方をしようとしている自覚はありますから。
テンプレ的な人生観を脱しないと、「自分の人生を自分の思い通りに生きる」ことなんて出来ないと思います。世間的には「よくない」と言われるような状態になっていたとしても、自分にとっては良いものであると思えるなら、「私はこれでいいんだ、これが私にとって良いものなんだ」と言い切れる強い意志が必要かなと。

さっきも似たようなことを言った気がしますが。
自分の人生をどう歩むのか。決めるのは他人ではありません。自分です。


……なんかすごい色々書いてしまった……。
ざっと読み返してみたけれど、最初ネタリストに載せた時点で書こうとしていたことから大分逸れてる感はある……orzまあ、どのみち書きたかったことではあるから、まあいいかな。
もうひたすら長いだけの独白という読みにくいにも程がある記事ですみません。文才のなさがバレるなww
でも元はといえばこういう話を(時々)するためにこのブログ始めたんだったし……。また気が向いたらこの手の独白はすると思いますのでよろしくです。

今日で大分ネタ消化したから、またネタ探ししないとなーw

 - 思想

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

あの日から4年。そして……
この記事の所要時間: 754

この記事の所要時間: 約 7分54秒 どうも怜香@Ray_mnzkです。 今日は、あの日――東日本大震災から、ちょうど4年にあたる日です。そして、私事ではありますが、このブログ(前身である「泡沫の残滓 …

no image
受験生よ、よく遊びよく学べ
この記事の所要時間: 720

この記事の所要時間: 約 7分20秒 いよいよ本当に年の瀬なのでそれに相応しい話を、と思いつつそれらしいものは何一つ思い浮かんでいない私です。何故か今日はやたらネタが思い浮かんだんですけど、それっぽい …

我が愛するは“自由”なり。私の好きな自分とは【寄せ書きブログ】
この記事の所要時間: 911

ブロガーぞのさん主催の寄せ書きブログ、第二弾は「私のこんなところ好き」。私は私のどこを好きなのか。意外と見つかりにくいその答えを、自らの過去を頼りに探ってみることにした。

11月に流行った「好きなブログ紹介」を遅ればせながらやってみた
この記事の所要時間: 1224

11月に多くのブロガーさんが行っていた「好きなブログ紹介」。12月も下旬になってしまったが、私も行ってみることにした。考察も交えつつ、私の好きなブログについてご紹介してみる。

no image
そういえばセンター試験の時期ですね
この記事の所要時間: 656

この記事の所要時間: 約 6分56秒 明日からだったかな? 世間じゃセンター試験廃止だとか何だとか騒がれてますが、そもそも筆記試験以外がからっきしダメだった私としてはセンター試験あるうちに大学受験しと …

私にとっての「資産」とその在処とは【寄せ書きブログ】
この記事の所要時間: 1016

ブロガーのぞのさんが主催している企画「寄せ書きブログ」。その第一回「あなたの大切な資産は?」への参加記事。私にとっての資産とは何か。そのヒントは、いつしか抱いていたある願いが握っていた。

私の思考法「脳内会話」と、それを活かしてみようという話
この記事の所要時間: 56

この記事の所要時間: 約 5分6秒 のんびりゲームしながら箱根駅伝を見ておりました怜香(@Ray_mnzk)です。 復路は青山学院がぶっちぎりでの優勝でした。私の中で青学はだいたい下位にいるイメージだ …

自分だけの時間って結構大切な気がする
この記事の所要時間: 450

この記事の所要時間: 約 4分50秒 ここ数日、小指湿布のおかげか日々の疲労度合いはかなり軽減されたものの、それとは違った方向で身体の調子がイマイチな私です。 以前書いたあの妙な痣も未だにくっきり残っ …