Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

使ったお金もログ取り始めてみました

      2015/02/23

この記事の所要時間: 433

今日も今日とて花組「風の次郎吉」を観て参りました怜香です。いやもう本当に面白くて元気が出る。明日からも頑張るぞーって思えます。
私のお目当ては例によってれいちゃん(柚香光さん)演じる勇人なんだけど、また一段と色気は増してるし(お色気キャラってわけでは決してないのに!天性の色気!)、殺陣での殺気は凄まじいものがあるし、存在感も迫力もすごいなぁと改めて。てか、やっぱり殺陣めちゃくちゃ上手いっすわ、さすがダンサーさん……!!
毎回フィナーレの最後には日替わりで一部メンバーが客席降りするんだけど、今日はちょうどれいちゃんで、めっちゃ幸運や自分!と思ったのでした。いやー嬉しかった。位置は反対側だったけど

さて、この2015年ぼちぼちと新しいことを始めてみてますが、今日からもう一つ始めてみることにしました。
これまた、今まで何度も何度も挫折しまくってきたことです。


何回やろうとしても3日で挫折してきたことが私にはごまんとありますが、その中の一つが、家計簿をつけること
いや、正確にはお小遣い帳ですね。収入の管理はしませんし、基本的に何でも現金派の私は手元の現金の動きさえ知れたら十分なので。

今までいろんなアプリで試してきましたが、どれもこれも見事に挫折。
何が続かないって、入力をその場でしないで後回しにした結果忘れ去るのです。会計中、アプリに登録する金額を覚えておこうとするんだけど、会計を終えて財布をしまったらもう忘れている。もう一度財布を取り出してレシートを確認するのも面倒になり、あとで入れたらいいやーと思ってそのまま忘れる。
出来るだけ手軽に入力できるアプリを探してきたつもりだけれど悉くダメだったので、問題は私の瞬間的記憶力の無さにある気がするorz
あと、妙に完璧主義なところがあるため、ちょっとでも記録が欠けるのが嫌なんですよね……。だから、ひとつ記録しそびれるとガタッとやる気がなくなる。

とかなんとか分析していたところで、はたと気づきました。
全部その場で入力せなあかんと思ってるから続かないんじゃ?

思えば何かを買った時はたいていレシートがもらえるから、それをとりあえず財布に突っ込んでおけば後で記録ができるわけです。自販機で飲み物買ったりだとか、レシートがもらえないお店で買ったり食べたりした時とかぐらいです、本当にその場で入力しなきゃいけないのは。
大半の買い物記録は、家に帰ってからまとめて入力で大丈夫なのです。

そう思ったら、なんだか出来そうな気がしてきました。

というわけで、今月から「支出管理」というアプリで使ったお金の記録を取ってみることにします。

支出管理
カテゴリ: ファイナンス, 仕事効率化

このアプリ、名前の通り支出しか管理しません。
金額の入力は電卓形式になっていますから、たとえば食料品と日用品とを複数個ずつ同時に買ったとしても、費目を分けて入れるのに苦労しないです。アプリ上で計算して、その結果をそのまま登録できます。
こんな感じです。

さらに、記録にはそれぞれ写真を添付できます。レシートを撮影しておくことが出来ます。
そしてもうひとつ面白いなと思ったのが、タグ機能
費目やメモとは別に、これは必要なものだったとか、ただの無駄遣いだったとか、そういった情報をタグという形で付与できるのです。このタグを使って検索することもできます。
こんな感じ。タグが見やすくて、(今写ってる分にはないですけど)無駄遣いタグつけてたら一目でわかっちゃいますww


(ちなみに宝塚関連の支出は「宝塚」という費目を設けて記録しています。チケット代やら舞台写真・グッズ代やら、意外と馬鹿にならないのでww)

分析はグラフ形式と表形式があるんですが、一般的な円グラフ以外にもいろいろあって、中でも良いなと思ったのがこれ。

費目ごとに上に重ねていく形のグラフ。推移が見やすいし、どこにお金かかってるかもすぐわかるし、便利だなぁと。

またこのアプリは支出データを連続入力できるのですが、私のやり方がまずかったのか、昨日連続入力したらうまく金額が入力されていませんでした。ちゃんとマニュアル読まないとだw


家計簿アプリには予算設定機能がついていることも多いですが、この「支出管理」も予算設定が出来ます。
……が、普段家計簿つけてない私がいきなり予算なんて決められるわけがない。だって何にどれだけお金使っているか全くわからないんだもの。
なので、今は予算設定機能はオフにして、支出ログを付けることに専念しようと思っています。1か月続いたら、だいたいどの費目にいくらかかっているかわかりますから、それを目安に予算を決めてみようかなと。
使える上限が明示されていると、自然と「このラインは超えないようにしよう」と思えたりするものです。「節約しなきゃ!」って思わずとも節約できるようになるのが私の理想です。なんせ意志弱いので。(笑)

本当はクレカで支払う分もログとって、予算決められたらいいんですけどねー。請求書来るまでいくら使ったかはっきり把握しづらいから、難しいんですよねwwいい方法ないかなぁ。


明日は久々に宝塚大劇場行って、雪組「ルパン三世」を観ようかなと思っています。チケットはもっていないので、当日券狙いになりますけどもwwちゃんと早起きできるかが一番の問題。
というか、次郎吉を熱心に観すぎたせいか、今ものすごい眠いですwwこの勢いで早寝できたらいいんですが、果たしてww

 - iPhoneアプリ

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

驚きのハイクオリティ!画像加工アプリ「PhotoFunia」が面白くて凄い!
この記事の所要時間: 350

この記事の所要時間: 約 3分50秒 今日Zenbackを導入してみたのですが、なかなか見出し等のデザインがこのブログと同じになるように設定できなくて難儀している怜香です。 ようやく見出しは同じにでき …

Evernote整理アプリ「Zen」がついにタグ付与できるようになった!!
この記事の所要時間: 415

この記事の所要時間: 約 4分15秒 常にEvernoteのWeb Inboxがごった返している怜香です。そう整理できない人。 今日はブログのカスタマイズの話をしようと思っていたのですが、急遽変えるこ …

「Wa Kingyo -和金魚-」今日からiPhoneが金魚泳ぐ水面となる……
この記事の所要時間: 419

この記事の所要時間: 約 4分19秒 どうも、昨日「次の更新は花カリスタ新公感想」と宣言しておきながら今日も記事を書いている怜香@Ray_mnzkです。 というのも、ものすごく久しぶりに書きたいネタが …

もっと手に馴染むブログエディタを求めて。新しいブログエディタ探しの顛末をまるっと語ってみる
この記事の所要時間: 2224

とあるきっかけから、記事執筆に使うブログエディタをするぷろXから変更することになった。どのブログエディタに行き着いたのか、その過程と紆余曲折を詳細に語っていこうと思う。ブログエディタ探しの一助になることを願って。

Evernote Scannableが便利なようで便利じゃなかった
この記事の所要時間: 418

この記事の所要時間: 約 4分18秒 昨日捻挫した右足首は相変わらず痛いですが、湿布巻いておいたおかげで大きく腫れたりはせずに済んでいる私です。職場の常備薬ボックスに湿布入っててよかったよ…… 最近や …

デザインセンスに自信がなくても大丈夫!「Canva」で簡単にお洒落な名刺etc.を作ろう!
この記事の所要時間: 840

テンプレートを選んで編集していくだけで、誰でも簡単に綺麗なデザインを作ることができるツール「Canva」。今回は実際にデザインを作ってみながら使い方を解説していくことにする。(※この記事はCanvaご担当者さまより依頼をいただいて執筆したものです)

「Evernote Scannable」がついに名刺誤認識を修正できるようになったよ!
この記事の所要時間: 459

この記事の所要時間: 約 4分59秒 今日も仕事がごった返していてふらふらになりかかってた怜香@Ray_mnzkです。珍しく最近多忙の日々ですorz 自分のペースで仕事が出来ている時はいいのですが、割 …

ゲーマーなWorkflowyユーザー必見!使用中のアプリを閉じることなく(Workflowyに)メモを取る方法
この記事の所要時間: 127

iPhoneでゲームなどのアプリ使用に没頭している時に何かメモすべきことが思い浮かんでも、使用中のアプリを閉じないことにはメモを取ることはできない。しかし、特にゲーム中はアプリを閉じることで不便が生じる場合が多い。そんな問題を解決し、アプリを閉じることなくメモを取る方法を紹介する。

私がiPhoneでブラウザを複数使い分けている理由。自分に合った使い方をするための、あえての役割分担。
この記事の所要時間: 1424

皆さんは、iPhoneで使うブラウザはSafariだけだろうか?恐らくそういう方が多いだろう。しかし筆者はあえてSafariだけでなく、他のブラウザも併用している。何故そんなことをするのか……今回はそれを語ってみようと思う。

「カメリオ」使い始めのその時から自分好みの記事を配信してくれるキュレーションアプリ!
この記事の所要時間: 76

ユーザーの好みに合った記事を自動で配信してくれるキュレーションアプリ。その難点は「使い始めはユーザーの好みに合わない記事が配信されてしまう」こと。それを克服しているキュレーションアプリ「カメリオ」を紹介する。