Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

Evernote Scannableが便利なようで便利じゃなかった

      2015/02/23

この記事の所要時間: 418

昨日捻挫した右足首は相変わらず痛いですが、湿布巻いておいたおかげで大きく腫れたりはせずに済んでいる私です。職場の常備薬ボックスに湿布入っててよかったよ……

最近やたら新しいことを始めたがる傾向にありまして、今日もやってみたいことがいくつか思い浮かんだのでとりあえず始めてみるかと必要物を用立ててきました。まあ三日坊主になる可能性があるからまだここでは公表しませんけどもww(モーニングページは見事三日坊主なったしなぁ)
新しいことを始めるにはまず今やっている何かを一つ辞める必要がある、と言われるわけですが、たすくまでルーチンタスク一覧確認しても何一つ減らせるものがないことに気づいて途方に暮れています。ゲームの時間組み入れてないのにこれだよ……夕食に2時間近く見積もり取ってるのが問題か?
まあ今のところこれから始めようとしてることにどれぐらい時間がかかるかわからないので、ログ取ってから考えますかね。

さて、今日はEvernote Scannableというアプリのお話をします。


書類をスキャンしてEvernoteに保存する、というアプリやスキャナーはいろいろあります。
私は今まで、「ScanSnap IX100」を使ってきました。パソコンに繋がずとも、Wi-FiでiPhoneと接続するだけでさくさくスキャンできるので、重宝していたのです。場所も取らないし

ですが、先日このようなアプリがあることを知りました。

Evernote Scannable
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

なんでもこれ、原稿にカメラを向けるだけでさくっとスキャンしてくれるとのこと。
こりゃ毎日のレシートスキャンに役立つかもしれない!と思って、使い始めてみたわけです。

アプリを起動するとすぐ撮影モードに入ります。スクショはうまく撮れなかったんだけれども、確かにレシートにカメラを向けると自動的に青い枠がレシートの上に現れて、勝手に写真を撮ってくれる。青枠の縁はちゃんとレシートの端に合ってます。
で、必要な分の撮影を終えたら、タイトルをつけて保存。複数枚スキャンした時はPDFとなって1つのノートに保存されます。Evernote以外にもカメラロールやらTwitterやらいろいろと送信先を選べます。

これだけなら非常に便利だったのです、が……

使う人にとっては便利なんだろうけど、使わない人にとっては非常に厄介な機能がついてました。

名刺自動判別機能です。

その名の通り、名刺をスキャンするとそれを自動で「名刺」と判断し、名前や住所や連絡先を登録できるようにしてくれる、というもの。
……なんですが、これ、名刺以外のものをスキャンしても「名刺」と判断してしまう
さっきレシートをスキャンしていたら実際に起こりました。

名刺判別されると、スキャンした画像の下にこんな感じの帯がつくのです。でもこれ、どう見てもレシートですよね。
昨今のレシートには店名と住所と電話番号が書かれていることが殆どですし、長さの短いレシートだとちょうど名刺ぐらいの大きさになることから、間違って名刺だと判断されちゃうんでしょうね。

でもこうなってしまうだけなら、名刺判別されないように設定するか、名刺判別を取り消す処理をすればいい。
……のですが、超厄介なことに、そういう設定も存在しなければ、取り消し処理もできない
ただこの一点があるがゆえに、このアプリ、レシートスキャン用にするには不便極まりないのです。
名刺判別されてしまったレシートは、保存する時に他のレシートとは別のノートに保存されてしまいます。一日分のレシートを一つのノートにまとめたいのですが、それが出来なくなる。
それでは困るので一旦このレシートは削除して撮りなおすのですが、結局また名刺判別される。延々これの繰り返しなのです。名刺自動判別機能さえオフにできれば、こんないたちごっこはしなくて済むのに……。

さっき試してみたら、わざとレシートの影が映りこむように手動撮影することで、名刺判別されずにスキャンされる場合がありました(それでも名刺判別されることの方が多かったですが)。少々見栄えは悪くなりますが、一日分のレシートを全部一つのノートに収めるなら、こうでもして名刺判別を回避するしかないかも。
スキャン自体は本当にスムーズで、ScanSnap IX100を起動してWi-Fi接続させて……ってやってたのすら手間に思えるほど便利なんですけどね。本当お願いだから名刺自動判別機能オフにさせて下さい。そうしたら完璧だと思うので……。


どうやら軽く風邪をひいてしまったようです。週末遠征なのに参ったなぁ。まあ、遠征前っていつも体調崩してるんですけどもww行くまではへばってるのに行ったらめっちゃ元気になってるパターンですね。帰ってきたらまたへばるけどww
とりあえず、せめて行くまでに捻挫治ってくれないかなぁ。湿布貼ったまま遠出するのはちょっと……ww

 - iPhoneアプリ ,

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

人工知能が「そうこれ読みたかった!」をお届け!保存したっきりの死蔵記事を掘り起こしてくれる記事管理アプリ「StockMark」
この記事の所要時間: 174

日頃からPocket・Evernote・はてなブックマークに記事を保存している人は多いだろうが、保存した記事をきちんと読んでいる人はあまり多くないのではないだろうか。今回は、「保存したっきり」になっている記事を人工知能でスマートに管理できるアプリ「StockMark」をご紹介する。

ATOK for iOSを使ってMemoflowyでのペースト作業を楽にしよう!
この記事の所要時間: 813

Workflowyに手軽にメモを取るためのアプリ「Memoflowy」。しかし唯一面倒なのが、書いたメモをペーストすることでしかWorkflowyに書き込みができない点だ。今回はそんなペースト作業を少しでも楽にする手段として、ATOK for iOSを使うことで長押しメニューを開くことなくペーストを行う方法を紹介する。

普段のネットサーフィンからブログ記事を生み出せる。ブロガー御用達ブラウザ「するぷろーら」アップデートで検索・共有機能が超強化!
この記事の所要時間: 832

6月20日、ブロガー御用達ブラウザ「するぷろーら」がバージョン5.0にメジャーアップデートした。検索・共有機能が大幅に強化され、さらに「ネット上からネタを拾ってブログ記事にする」力が増したと感じたので、早速ご紹介する。

観劇のお供に「たすくま」を。観劇クラスタ的「たすくまのここが便利」を挙げてみる
この記事の所要時間: 834

iPhoneでタスクシュートができるアプリ「たすくま」、そしてクラウド化により様々なデバイスでタスクシュートができる「TaskChute Cloud」。様々な点から比較評価のできる両者だが、今回は観劇クラスタの視点から、「TaskChute Cloud」よりも「たすくま」の方が使いやすく感じる理由について語ってみることにする。

もっと手に馴染むブログエディタを求めて。新しいブログエディタ探しの顛末をまるっと語ってみる
この記事の所要時間: 2224

とあるきっかけから、記事執筆に使うブログエディタをするぷろXから変更することになった。どのブログエディタに行き着いたのか、その過程と紆余曲折を詳細に語っていこうと思う。ブログエディタ探しの一助になることを願って。

自動貯金アプリFinbeeで無意識に貯金できる!これならきっと続くはず!
この記事の所要時間: 1549

貯金なんてどうせ続かない、貯金しようなんて到底思えない……そんな貯金の苦手な人・貯金のやる気がない人に贈る、自動貯金アプリ「Finbee」のご紹介。

「カメリオ」使い始めのその時から自分好みの記事を配信してくれるキュレーションアプリ!
この記事の所要時間: 76

ユーザーの好みに合った記事を自動で配信してくれるキュレーションアプリ。その難点は「使い始めはユーザーの好みに合わない記事が配信されてしまう」こと。それを克服しているキュレーションアプリ「カメリオ」を紹介する。

デザインセンスに自信がなくても大丈夫!「Canva」で簡単にお洒落な名刺etc.を作ろう!
この記事の所要時間: 840

テンプレートを選んで編集していくだけで、誰でも簡単に綺麗なデザインを作ることができるツール「Canva」。今回は実際にデザインを作ってみながら使い方を解説していくことにする。(※この記事はCanvaご担当者さまより依頼をいただいて執筆したものです)

ゲーマーなWorkflowyユーザー必見!使用中のアプリを閉じることなく(Workflowyに)メモを取る方法
この記事の所要時間: 127

iPhoneでゲームなどのアプリ使用に没頭している時に何かメモすべきことが思い浮かんでも、使用中のアプリを閉じないことにはメモを取ることはできない。しかし、特にゲーム中はアプリを閉じることで不便が生じる場合が多い。そんな問題を解決し、アプリを閉じることなくメモを取る方法を紹介する。

私がiPhoneでブラウザを複数使い分けている理由。自分に合った使い方をするための、あえての役割分担。
この記事の所要時間: 1424

皆さんは、iPhoneで使うブラウザはSafariだけだろうか?恐らくそういう方が多いだろう。しかし筆者はあえてSafariだけでなく、他のブラウザも併用している。何故そんなことをするのか……今回はそれを語ってみようと思う。