Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

Scrapboxで我流バレットジャーナル・カスタマイズ編。Scrapboxを活用していくために施したカスタマイズを紹介!

      2019/12/05

この記事の所要時間: 1259

Scrapbox で我流バレットジャーナル カスタマイズ編

どうも、Scrapboxを明朝体にして愛用している怜香@Ray_mnzkです。

実は私、明朝体が大好きなんですよね。というかフォントは明朝体じゃないとイヤだと思ってしまうタイプ。だって明朝体って繊細で上品なんですもの!

……と、こんなわがままな私にもぴったりなのがScrapbox。だってコードを書けば明朝体にできるんですもの。他にもいろんな機能を追加したり見た目を変えたりできます。自分のやりたいようにできるのです。

というわけで、今回はScrapboxで我流バレットジャーナル連載の第2弾です。

私がScrapboxでバレットジャーナルをやるために&Scrapboxに愛着をもてるようにするために行ったカスタマイズを紹介していこうと思います!

※以前の連載はこちら!

Sponsored Link

Scrapboxで我流バレットジャーナルを行うために導入しているUserScript

UserScriptとは?

UserScriptとは、Scrapboxに独自の機能を付与するために導入するスクリプトです。

導入するには、設定画面で確認できる自分のユーザー名をタイトルにしたページ(以下「自分のページ」)を作り、所定の記法でスクリプトを入力していきます。

自分のページ

入力後、ページをリロードするとUserScriptが適用されるようになります。

UserScriptは有志の方々がさまざまなものを公開してくださっているので、それらをコピーして貼り付ける形でも導入できます。自力でコードが書けなくても導入できるのがいいところです。

▲目次に戻る

(1)チェックボックス機能を実装するUserScript

私がScrapboxでバレットジャーナルをやる上で使っているUserScriptといえば、やはりチェックボックス機能ですね。これはタスク管理をやる上では欠かせません!

スクリプトは以下で公開されています。

このUserScriptを導入すると、Scrapboxでチェックボックス機能が使えるようになります。

チェックボックスをクリックorタップすればチェックが入ります。もう一度行えばチェックが外れます。

チェックボックス機能

さらにチェックボックスがある行で改行すると、次の行の頭にもチェックボックスが入ります。タスクを連続で入力していきたい時にはすごく便利です。

チェックボックス自動入力

私はこれを使ってタスクを書き込んで、着手したらチェックを入れ、完了したら取り消し線を入れるようにしています。

着手と完了とを分けて表現できるようになるのがすごくいいんですよね。タスク管理アプリでもなかなか実現できないことではないでしょうか。

▲目次に戻る

(2)ピン留めしたページにジャンプするメニューを実装するUserScript

それからこれ。ピン留めしたページにアクセスできるようになるサイドメニューを実装するUserScriptです。

スクリプトは以下で公開されています。

これを導入しておくと、他のページを開いている時でも、ピン留めしておいたページにサイドメニューからアクセスできるようになります。

ピン留めページへのアクセス

何が便利かというと、その日のデイリーログをピン留めしておけば、他のページを開いていてもすぐにデイリーログを開けるようになることなんですよね。いちいちトップページに戻らなくていいので、とても使いやすくなります。

iPhoneの場合は「Porter for Scrapbox」に独自で備わっているピン留め機能を使うことで、どのページからでも特定のページにアクセスすることができます。

しかしPCからだと、Scrapboxに本来搭載されているピン留め機能しか使えません。これはトップページの先頭に特定のページを固定しておけるだけに過ぎず、他のページを開いている時にピン留めしているページにアクセスできるようになるわけではないのです。

その難点が、このスクリプトで解消されます。ピン留めページにアクセスする際に読み込みに少し時間がかかってしまいますが、無いよりは断然便利です。

▲目次に戻る

(3)強調記法にした部分からページの見出しを作るUserScript

それから、Scrapboxでブログ記事も書いている私にはとてもお役立ちなUserScriptのご紹介。

そのひとつめがこちら。

これは見出しを強調記法で書いておくことで、サイドメニューに見出しの一覧を表示できるようにするUserScriptです。

Scrapboxは元々長文を書くためのものではないとされており、見出しを作る機能は備わっていません。

しかし、箇条書きにせずともアウトライナーのように行の入れ替えが可能なことから、記事執筆などにも充分に活用できます。そうなると、見出しを作る必要も生じてきます。

このUserScriptを導入しておけば、見出し部分を強調記法にしておくことで、サイドメニューからいつでも見出しを確認することができるようになります。

強調記法から見出しを作る

もちろん表示された見出しをクリックすれば該当部分にジャンプできるので、いちいち画面をスクロールさせなくても編集したい部分にすぐアクセスできますよ。

▲目次に戻る

(4)ページの文字数をカウントするUserScript

そして、もうひとつがこちらです。

こちらはその名の通り、ページ内の文字数をカウントしてくれるUserScriptです。

サイドメニューのページアイコンをクリックorタップすると、ページ全体の文字数・単語数・行数が表示されます。

文字数カウント

また、文字数をカウントしたい部分を範囲選択すると、表示されるポップアップメニューに選択部分の文字数と単語数が表示されます。

選択範囲文字数カウント

文章全体の文字数のみならず、特定の見出しや段落の文字数もカウントできるのがとても便利です。

▲目次に戻る

Scrapboxでの我流バレットジャーナルを快適に使うために導入したUserCSS

UserCSSとは?

UserCSSは、Scrapboxの見た目やデザインを変更するために導入するものです。

UserScript同様に自分のページに、もしくは「Settings」というタイトルのページを作って記述orコピペすれば反映されます。前者の場合は自分のみに、後者の場合はプロジェクトの参加者全員に適用されます。

(1)箇条書きのバレットを控えめにするUserCSS

これは箇条書きにした際に行頭に表示されるバレット(・)を目立ちにくいものに変えてくれるUserCSSです。

Scrapboxで箇条書きにした際のバレットは、黒のかなりくっきりした中点で表示されます。これが個人的には主張が強すぎるように感じて苦手だったんですよね。

バレットを目立ちにくくする

このUserCSSを適用すると、バレットが薄いグレーのハイフンで表示されるようになります。これなら目立ちすぎないですし、目にも優しいです。

▲目次に戻る

(2)テロメアをスリムにするUserCSS

こちらはページ内各行の左端に帯状に表示される「テロメア」をスマートなデザインに変えるUserCSSです。

「テロメア」とはメモの鮮度を表すもので、その行がいつ頃更新されたものかを視覚的に表示したものです。直近に更新されたものほど帯が太くなり、更新したばかりの行は緑色の帯がつきます。

ただ、個人的にはこれも目立ちすぎて苦手でした。バレット同様、メモそのものよりも主張が強いように感じてしまって。

テロメアをスリムにする

でもこのUserCSSを導入すれば、テロメアの帯は全体的に細くなり、更新したばかりの行のテロメアは薄いピンク色になります。(1)と合わせて使うと、文章以外の要素が目立たなくなるので執筆も捗ります。

個人的には、(1)と(2)のUserCSSがあったからこそ、Scrapboxを本格的に使用する気になったといっても過言ではありません。

▲目次に戻る

(3)マーカーを引いたような強調表示をにできるUserCSS

意外と便利なのがこのUserCSSです。二重ブラケット([[]])で囲んだ際の強調表示を、マーカーを引いたような見た目の強調表示にしてくれます(本来は「*」を使った場合と同様の太字になるのですが)。

上記UserCSSを導入するとマーカー色は緑になるのですが、自分の好みでピンクに変えました。

マーカー風の強調表示

これ、すごくお気に入りです。タスクや重要なメモをこれで目立たせると、たくさんの箇条書きが並んでいる中でも見落とさずにすみます

▲目次に戻る

(4)フォントを明朝体にするUserCSS

これは自分で色々調べながら作りましたね。


.editor, .stream {

font-family: 'ヒラギノ明朝 ProN','Hiragino Mincho ProN','ヒラギノ明朝 Pro','Hiragino Mincho Pro','游明朝体','YuMincho','游明朝','Yu Mincho',serif;

}

中身自体はフォント指定のコードを書いているだけですので、そんなに難しいものではないなと感じました。既存のUserCSSの見よう見まねでなんとかできる範囲です。

私はとにかく「フォントは絶対に明朝体じゃなきゃ嫌!」というほどの明朝体派なので、ここはこだわりたかったんですよ。実装できて満足です。

▲目次に戻る

自分好みにカスタマイズできるからこそ愛着がもてる

長く使っていくためにもカスタマイズは欠かせない

以上のように、UserScriptやUserCSSで色々とカスタマイズしてScrapboxを使っています。

機能的に必要だから導入しているものも結構あるのですが、見た目を好みにするために導入しているものも多いですね。もっとも、UserCSSはそのためにあるのですけれどもね。

やはり見た目が好きになれないと長くは使っていけないと思っています。バレットジャーナルとして使うなら毎日使っていくことになるんですから、愛着を感じられるようなものに仕立てたくなるというものです。

私はシンプルかつ上品な見た目のものが好きなので、必然的にこうなったという感じですかね。

自由にカスタマイズして手になじむツールにできる

やはりScrapboxはカスタマイズの自由度が高いのがいいですね。

好きな見た目にして、好きな機能をつけて。自分好みに仕立てられるのは素晴らしいメリットだと思います。日常的に使っていくツールとしては。だって手になじむツールに育てられるんですもの。

今のところ今回紹介したカスタマイズでほぼ満足していますが、またいじりたくなったらいじると思います。導入しようとしたけどうまく反映しなかったUserCSSとかもありますし、その辺も追々なんとかできれば。

カスタマイズ自体も楽しいし、好きですからね。自力では大したことはできませんが、先人達の知恵を借りれば色々出来ますのでね。

これからも愛着もってScrapboxでバレットジャーナルやっていけるように工夫していこうと思います!

▲目次に戻る

今日のあとがき

というわけで、Scrapboxで我流バレットジャーナル連載、カスタマイズ編でした!

いつになったらメイン的な話(デイリーログとか)をするのかって感じですが、もうしばらく先かな……その前にキーの話とかもしたいですし。その方がデイリーログの説明しやすくなるので。

こういう連載ものって、どういう順に語っていくのが一番適切なのかなってすごく考えます。けど結局はなんとなくで決めるというか、自分が語りやすいと思う順番にしているような気がします。

それにしても、Scrapboxはいいですね。だいたいなんでも自分の好きなようにいじって使いたい私にはぴったりのツールでした。

思えばバレットジャーナルも自分流にカスタマイズできるのが気に入っていたわけですし、やはり私にとって「カスタマイズ」は重要な要素なのだと思います。

それでは、今回はこのあたりで。

▲目次に戻る

 - ライフハック, Webツール , ,

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

no image
週次レビューが終わらなかった大事件
この記事の所要時間: 410

この記事の所要時間: 約 4分10秒 新年最初の月曜日。今日から仕事始めという方も多いことでしょう。かく言う私もです。 まあ、正月休みなんてろくろくなかった(年末年始で丸一日休みだったのは1・3・4日 …

今のうちに作っておこう「業務引継書」
この記事の所要時間: 643

この記事の所要時間: 約 6分43秒 photo credit: robleto via photopin cc 1月も今日で終わりですね。個人的にはあれよあれよという間に終わったような気もしている怜 …

【連載】早起きがしたい!(2) ~「急げば間に合う」という思い込みをなくそう!~
この記事の所要時間: 748

この記事の所要時間: 約 7分48秒 photo credit: DanielJames via photopin cc どうも、寝坊しない生活に向けていろいろ実践中の怜香です。 ひとまず昨日は計画通 …

Workflowyで構成練ったアイデアをEvernoteで保管するという話
この記事の所要時間: 1038

ふと突然アイデアが浮かんだ時、皆さんはどうしているだろうか。今回は、思いついたアイデアを練っていくという作業に焦点を当てて、WorkflowyとEvernoteの使い分けについて考えてみることにする。

大切なのは仕組み作りだった。超遅筆の私がメルマガ毎日配信を続けられている理由を語ってみる
この記事の所要時間: 845

メルマガ配信を始めて約2ヶ月半が経過した。その間、年末年始含め一度も休むことなく毎日配信を続けられている。数週間〜一ヶ月に一記事しかブログ更新しないような遅筆人間である私が何故メルマガ毎日配信を続けられているのか、今回はその理由を解説してみようと思う。

Workflowyとはひと味違うクラウドアウトライナー「Dynalist」の特徴とか機能とかを語ってみる
この記事の所要時間: 1429

Workflowyと似た見た目と機能性を持ちながら、初めから数々の便利機能が備わっているクラウドアウトライナー「Dynalist」。今回はこのDynalistがもつ様々な特徴や機能について、Workflowyとの比較も交えつつ解説していく。

いつもと一味違うアイキャッチを作ってみない?PC・スマホ・ブラウザで使える画像加工アプリ「Fotor」が便利!
この記事の所要時間: 654

PC・スマホのみならず、ブラウザでも使える画像加工アプリ「Fotor」。今回は特に豊富な設定が可能な「文字挿入機能」を中心に紹介してみることにする。(※この記事はFotorご担当者さまより依頼をいただいて執筆したものです)

日次レビューのやり方模索中。
この記事の所要時間: 552

この記事の所要時間: 約 5分52秒 きっと世の中はもうお休みなんだろうなぁと思いつついつも通りに仕事行ってきました。いつもと全く同じ日常がそこにはありました。営業担当の面々が普段より忙しそうにしてた …

「ひとりSlack」で作る思考ログのタイムライン。どんな思考も全て残そう!
この記事の所要時間: 1145

ビジネス向けチャットツール「Slack」。チャットツールでありながら他サービスとの連携も豊富なSlackをあえて一人だけで使う、いわゆる「ひとりSlack」について、実際どのように活用しているか等を紹介していく。

自分仕様のバレットジャーナルを作るための、コレクションページの具体例。こんなのもアリ!
この記事の所要時間: 1141

バレットジャーナルを特徴づけるページのひとつ、コレクションページ。必要に応じて自由に作ってよいとされるこのコレクションページについて、筆者自身はどのようなものを作っているのか紹介してみることにする。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA