Luminous Tale.

「今を幸せに生きる」ために。過去よりも未来よりも、目の前の「いま」にいつもまっしぐらに生きる人。旧「月光の狭間」。

*

ついに購入したabicase!開封レビュー&機種変更を前に購入した理由を語る

   

この記事の所要時間: 1053

どうも、ここ最近買いたくて仕方なかったものをようやく購入できてテンション上がっている怜香@Ray_mnzkです。

何を購入したのかというと、以前の記事でもちらりと触れた「abicase」です。ここしばらくずっと、毎日のようにabicaseについて検索してはいろんな記事や画像を漁っていたという……そしてどんどん欲しくなっていったというね!w

そしてこの度ついにポチりました。ええ、買いました!機種変更の時期近いのにね!

ということで今回はabicaseの購入レビューです。そして、せっかくなのでabicaseを買った理由なども語りたいと思います。

Sponsored Link

どうしてもabicaseが欲しくなってシンプルな飴色レザーウォレットジャケットを購入

機種変更を控えていたけどabicaseが欲しくなった

私のiPhone6は、購入してからもうすぐ2年が経過します。つまり買い替え時期。更新月は11月下旬なので、ちょうどあと2ヶ月ほどです。

そんな時期でありながら、私は思い切って今のiPhone6用にケースを新調することにしました。どうしても欲しくてiPhone7への機種変更も待てずに購入したのは……随所で大絶賛されている、あのabicase職人のabiさんがすべて一人でひとつずつ丁寧に手作りされている、まごころこもった革製iPhoneケースです。

abicase

iPhone6用 or iPhone7用 どっちにするか?

何故機種変更を控えたこのタイミングで購入したのか、その理由については後でじっくり語ることにするとして……いざabicaseを購入するにあたり、「どのabicaseにするか」は大変悩みました。なにせ、シンプルなものからデザイン性の高いものまで、さまざまな種類があるんですもの。

私の場合はiPhone7への機種変更を控えていたので、iPhone6用のを購入後、iPhone7への機種変更に合わせてカメラ位置調整のリメイクをしてもらう、という方法も考えました。しかし、カメラ穴の形がどうしても歪になってしまったり、調整した部分の強度が落ちてしまったりするのは避けられないそうなので、この案は見送り

ちょうどゲーム用にサブ端末の導入を考えていたところでもあったので、機種変更後は引き続きiPhone6をサブ端末として運用することにして、それぞれにabicaseをつけることに決めました(きっとabicase1つ+数万の格安スマホ+専用ケースを買うよりabicase2つ買った方がお得なはず!w)。

悩んで選んだのはスタンダードな「飴色」

さて次に悩んだのは色でしたが……後々メイン端末となるiPhone7にはオプションをあれこれつけた豪華版にしたいという願望もあり、今回は迷った挙句シンプルな飴色の「iPhone 6s cwj ウォレットジャケット」を選びました。オプションも何一つなしです(猫印だけはつけようか迷ったけどね!w)。ゴールドのiPhone6にはきっと合うはず。

abicase iPhone 6s cwj ウォレットジャケット 飴色 開封レビュー!

では早速開封レビューといきましょう。

ちなみに注文したのが9/19の夜、そこから9/20に発送、9/21到着でした。評判通りの迅速対応に感動です。なにせ、発送してくださった9/20はちょうど近畿地方に台風が最接近し、豪雨に見舞われていた日でしたからね……!

外装

すごく綺麗な字で宛名書きされているレターパックを開けると、プチプチにくるまれた紙の箱が。

▲プチプチの中の紙の箱。お手製!!マスコットキャラクターのアビちゃんが本当に可愛いです。

中身

▲蓋を開けてみると、中にはabicase本体と、アビちゃんシールショップカード納品書が!どれも丁寧に包装されています。

というか、アビちゃんシール可愛すぎなんですけども……!!どこに貼りましょうこれ!

abicase本体

abicase本体を袋から取り出してみます。

▲abicaseと一緒に入っている台紙には、いろいろな説明が書かれています。取扱説明書ですね。大事に取っておかなくては。

▲前側。真ん中の革の部分は二重構造になっているので、カードなどを入れておけます。下のほうについてる輪っかがいわゆる「尻尾」です(iPhoneにつけるときは外側に引っ張り出しましょうw)。

▲裏側。スリットがついています。ここからカードを差し込めるようになっています。

尻尾。……という名のレザーリングストラップです。このリングに指を通しておけばiPhoneを落とすことはありません!

私は今までもリングストラップを別途用意して使ってきましたが、これが標準でついてくるのって本当有難いです。しかも同じ革製ですしね!

▲縫い目。このがっちり感!これなら何があっても壊れないなって思えます。

これ、全部手縫いだというのに縫い目が一切狂いなく均等なんですよね……!職人abiさん本当に凄すぎです。

iPhoneにつけてみた

それではiPhoneに装着してみます。まずiPhoneの上側をしっかり差し込んでから、下のフラップ片側ずつ被せます。つけ外し簡単。

▲縦向き撮影。まだつけたてなのでフラップ部分の革が少し浮いています。そして尻尾がぴーんとしてますww

▲横向き撮影。カメラ穴の位置が本当に完璧!特に何も考えずはめるだけで位置ぴったりです。すごい。

▲ちょっと横から。こうしてみるとまだ革が馴染んでなくて少しばかり浮いているのがよく分かります。これからぴったり馴染んでいくんだろうなぁ。

手に持ってみると、横から掴んだとき、iPhone本体の金属とabicaseの革・ステッチの感触が同時に味わえるんです。なんとも不思議な、独特の感覚。でもこれがいい。

それに何より、持っていて気持ちよくて、安心感があります。尻尾が本当にいい!つけ心地もバッチリです。

nanacoを差し込んでみた

このabicase、ウォレットジャケットなので背面にカードを入れておけます。非接触式ICカードの場合は、一緒に電磁波干渉防止シートも入れるようにしましょう。

▲後ろのスリットにnanacoを入れてみました。電磁波干渉防止シートと2枚重ねですが、問題なく入ります。

最初は革が固くて入れにくいので、iPhoneを外した状態のほうが入れやすいかなと思います。

ちなみに早速この状態でnanacoを使ってみましたが、きちんと反応してくれましたよ!

iPhone7への機種変更まであと2ヶ月にも関わらずiPhone6用を購入した理由

abicaseの開封レビューも終わったところで、何故私がiPhone7への機種変更を控えた今iPhone6用のabicaseを購入したのか語ろうと思います。

とにかく早く使ってみたかった

一番の理由はやはりこれですね。「そろそろiPhone7に変えるしケース新調したいな」と考えていたところに、ふと存在を思い出したのがabicaseでした。恐らく何らかのタイミングでabicaseを知っていたのです(きっかけは忘れましたorz)。

そこでabicaseについて調べてみると、出るわ出るわ絶賛の嵐。それも、ただ手放しに褒めているだけでなく、きちんとabicaseそのものの良さが分かる形で称賛されているのです。数々のabicaseの画像を見ても、素人目に見たって質が良く、作りが綺麗なのが分かる。

これってすごいことだと思うのです。革製品に馴染みのない人間が見ても「良いもの」だと感じられる。しかも、実物ではなく写真を見ただけでも伝わってくるのですから、よっぽどです。

それでもさすがにiPhoneケースとしてはかなりお値段が張ることもあり、2週間ほどは悩みました。けれど、やっぱり早く欲しくなって購入した次第です。

nanacoを財布とは別に入れておきたかった

こちらは個人的には切実な問題。

私はabrAsus社の「小さい財布」を使っていて、そこのカードポケット(1ポケットしかなく、5枚しか入らない)の中にPitaPaやデビットカード、nanacoなど5枚ほどのカードを押し込んでいました。PitaPaとnanacoを両方入れているため、電磁波干渉防止シートも入っています。

ミニマリストでも何でもない私が「小さい財布」を使っている理由とその結果起きた変化 | 月光の狭間

上記記事でも触れていますが、nanacoを導入して以来、PitaPaは財布の前側(蓋を閉じた時にスナップが来る側)、nanacoは後ろ側に入れています。電磁波干渉防止シートのおかげで、この状態で前側をリーダーにかざせばPitaPaが、後ろ側をかざせばnanacoが反応する……はずなのですが、実際使ってみると問題が生じました。

小銭がそこそこ入っていると、後ろ側をかざしてもnanacoが反応してくれないのです。

どうやら小銭越しにかざしているせいでうまく読み取られていないようです。そういう時は仕方なく財布の蓋を開け、カードポケットの後ろ側を直接リーダーにかざすのですが……小銭入れに蓋がない分気を付けて財布を持たなきゃいけないですし、やはり不便だな……と思っていたんですよね。

そこで、iPhoneの背面にカードを差し込んでおけるabicaseが良いなと思ったのです(上の記事でも触れていますねw)。これにnanacoと電磁波干渉防止シートを入れておけば、もはや財布を取り出す必要すらありません。朝急いでいる時のコンビニ立ち寄りも、きっとスムーズに行くはず。そう考えたのです。

(ちなみに実際試してみたらめちゃくちゃ快適でした。私の場合コンビニに立ち寄る際はTaskChute Cloudに記録するためiPhoneを手に持っているので、そのまま会計できて最高に便利です)

ギルドデザインバンパーはエッジスワイプ・画面端での操作がやりづらかった

iPhone6にしてからはずっとギルドデザインのバンパーを愛用してきたのですが、デザイン良し耐久性良し持ちやすさ良しとほぼ満足している中で、唯一不満だったのが「エッジスワイプ・画面端での操作がやりにくい」ことでした。

というのも、ギルドデザインのバンパーは前後からiPhoneを挟み込む形になっているので、どうしてもベゼルの部分がバンパーで隠れます。ちょうど画面端ぎりぎりのところにバンパーが来てしまうんですよね。

そのため、画面のギリギリ端からスワイプ(エッジスワイプ)しようとすると、指がバンパーにかかってしまいうまくいかないことがありました。

さらにもっと問題だったのが、ホーム画面でのアプリ移動です。

アプリを別ページに移動させる場合、そのアプリを長押しした状態で、画面端ギリギリにまで運ばないとページが切り替わってくれません。しかし、ギルドデザインのバンパーをつけていると指がバンパーに引っ掛かって画面端ギリギリまで届かず、ページが切り替わらないことが多々ありました。

これのせいで、だんだんホーム画面のアプリ整理が億劫になり、気付けばホーム画面がアプリで溢れかえっていたり……。なんとかするにはケースを変えるしかないかな、と思っていたのです。

さて、abicaseであればこの問題は解消されることになります。なぜなら、abicaseはサイド部分が完全にあいているためです。ベゼルを覆うようなものは何もなく、背面に革があるだけ。これならエッジスワイプも画面端ギリギリでの操作も全く問題ありません。

さらに、ギルドデザインバンパーでは構造上使えなかった強化ガラスなども、薄めのものであれば使える可能性がありそうです。これはiPhone7に機種変した時に是非試してみたいところです。

今日のあとがき

そんなわけで、ようやく念願のabicaseを手に入れました。abicaseユーザーの皆さんがこぞって絶賛している理由がよくわかりました。これ、本当にオススメです!!

機種変した後も、このabicaseをつけたiPhone6はサブ端末として持ち歩くつもりです。経年変化を楽しめるという飴色レザー、じっくり時間をかけて馴染ませていきたいです。

如何せん本格的に革製品を持つのは初めてなので、うまくエイジングできる自信はまるでありません。それどころか、私手汗がひどい体質なので革に負担をかけそうで(できるだけタオル添えて持つ予定)……でも、それも含めて革の変化を楽しめたらなと思っています。これから使い込んでいくのが楽しみです!

……あ、革のお手入れとかやったことないからラナパー買わなきゃですね。また用意しておかなくてはw

最後になりましたが、素晴らしいケースを拵えてくださり、また台風の最中でも迅速な対応をしてくださったabiさん本当にありがとうございました!大切に使いますね。

それでは、今回はこの辺りで。

 - レビュー , ,

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

thumbnail.jpg
ひらくPCバッグを観劇バッグとしてがっつり使い込んでみたので最新版の自己流使い方を大公開してみます
この記事の所要時間: 219

PCを入れておく以外にも、たとえば観劇バッグとしても便利に使うことができる「ひらくPCバッグ」。今回はそんなひらくPCバッグを観劇のお供に使ってみた印象を詳細に語ることにする。

thumbnail.jpg
abrAsusの「小さい財布」を購入してみた!思いのほか使いやすい財布でびっくり!
この記事の所要時間: 1237

「ひらくPCバッグ」など、数々の便利な製品を発売しているabrAsus社の「小さい財布」。限りなくカードサイズに近いというこの財布を購入したので、使用感などをじっくりレビューしてみることにする。

IMG_1932
すぐ乾いてすぐ落とせる「胡粉ネイル」!
この記事の所要時間: 754

この記事の所要時間: 約 7分54秒 どうも、昨夜アークスフィアでとんでもない惨事が起きてその勢いで活動停止を決意した怜香@Ray_mnzkです。せっかくプレイ日記書いてるんだから少々のことでは辞めな …

thumbnail.jpg
ひらくPCバッグは観劇バッグにも最適!私が実際にやっている詰め込み状態をお見せします!
この記事の所要時間: 1412

大荷物も軽々持ててしまうPCバッグ「ひらくPCバッグ」は、観劇バッグとしても最適なカバンである。その理由と、実際に観劇バッグとして使っている私の荷物の詰め方をご紹介する。

阪急32番街「空庭ダイニング」にてインドカレーを食す ~カレー専門店の「中辛」って辛口のことだよね~
この記事の所要時間: 428

この記事の所要時間: 約 4分28秒 実は結構インドカレーが好きなんです、怜香です。普通のカレーより好き。でも辛いカレーは苦手。 今日は仕事帰りに梅田に出てきました。先日、花組シアタードラマシティ・東 …

thumbnail.jpg
二つ目のabicaseを購入。あまりにも美しすぎるルガトレッド!!
この記事の所要時間: 1035

上質の革からひとつひとつ手作りで製作されている、革職人abiさんのiPhoneケース「abicase」。今回は機種変更で入手することになったiPhone7用のものを購入したので、写真中心にご紹介することにする。

見かけによらず収納力抜群なショルダーポーチ ~早々の買い換えで出会う素敵な柄~
この記事の所要時間: 447

この記事の所要時間: 約 4分47秒 今朝職場に着いた途端に愛用のショルダーポーチをぶっ壊した怜香@Ray_mnzkです。 要は職場のドアを開けて通る時にカバンがドアに引っかかったままなことに気づかず …

thumbnail.jpg
ひらくPCバッグにスマートに荷物を詰め込むために行った4つのカスタマイズを紹介します
この記事の所要時間: 1254

ペン立てのように自立し、しかも収納力が高いことで大人気の「ひらくPCバッグ」。しかし、普段から大量の荷物を持ち歩いている人だと、ひらくPCバッグの収納力をもってしても収まりきらない場合がある。今回は、そんな時に役立つかもしれないひらくPCバッグのカスタマイズをご紹介する。

thumbnail.jpg
「ひらくPCバッグ」購入致しました!大荷物でも外出が楽しくなるカバン!
この記事の所要時間: 1053

先日、ネット上でも話題のカバン「ひらくPCバッグ」を購入した。収納力と持ち運びやすさに定評のあるこの「ひらくPCバッグ」を、購入したてという視点からレビューしてみる。

tumblr_njpwue5sx81s8amj3o5_500
薄いバッテリーと短いケーブル買ってみました
この記事の所要時間: 59

この記事の所要時間: 約 5分9秒 最近日付変わると異様に眠くなって仕方ない怜香@Ray_mnzkです。 今日は瞑想中に寝落ちました。瞑想は目を閉じて行うせいか、眠い時にやると本当に寝てしまうんですよ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA