Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

風の次郎吉観てきました

      2015/02/23

この記事の所要時間: 78

新年初観劇を済ませてきました。大好きな花組のシアタードラマシティ公演「風の次郎吉 -大江戸夜飛翔-」初日公演です。
主演が専科のみっさま(北翔海莉さん)ということもあり、絶対面白い話になるだろうなーと思って心底楽しみにしておりました。他にも大好きな花組子がたくさん出ていますし!

いやね、相当期待値上げた状態で観に行ったんですよ。でも……完全に予想を遥かに超える面白さで、というか「こういう絡みあったらいいなー」という萌えの期待がほぼ全部満たされていて、終わってからも今に至るまで興奮が冷めやらぬ状態なのです……どうしましょうww

そんなわけで今日は次郎吉初日の感想を語りますが、何分今日が初日なのでネタバレ回避には努めます……が、ある程度のネタバレが含まれます。これからご観劇予定の方はご注意ください。
そしてテンションがおかしなことになると思われますがそこはどうかご容赦を……(笑)


えーと、とりあえずどこから話せばいいんだろうってぐらい盛りだくさんだったので、切り出し方に困るのですが……ww

「鼠小僧次郎吉」みっさまと、「遠山の金さん」あきらさん(瀬戸かずやさん)、次郎吉を慕う「目明しのあやめ」べーちゃん(桜咲彩花さん)、鼠小僧に因縁のある「手妻の幸」ゆきちゃん(仙名彩世さん)が中心人物。この四人を中心に、鼻持ちならない印象の与力「石川一馬」まよちゃん(鳳真由さん)、廓の男衆「勇人」れいちゃん(柚香光さん)、生真面目な番頭見習い「三郎太」まいてぃ(水美舞斗さん)などなど、まあキャラ濃い面々がそろっていますww
よく考えたらネタバレ云々の以前に、全部語ろうとすると情報量が膨大すぎてとてもじゃないが無理なんですわこれ。メイン4人だけでも関係性が結構複雑だしww

一応大筋としては無実の罪で引っ立てられた三郎太を救うべく次郎吉・金さん・あやめ・幸が悪者退治に乗り出す……というよくある勧善懲悪モノなのです、が。
とにかくコメディパートが超絶にぎやかでしてww共にイイ男同士の次郎吉と金さんには娘たちがどっさり侍るわけです……と思ったらあやめは超男前に子分のマキシム(真輝いづみさん)・しぃちゃん(和海しょうさん)を従わせていたり。
というか、もしかしたら男役より娘役のほうがキャラ濃いかもしれませぬ……べーちゃんもゆきちゃんも男前だし、居酒屋のおかみ「かぐ庵のいぶき」イブ氏(梅咲衣舞さん)、茶屋の娘「花」こりのちゃん(美花梨乃さん)も超濃い。特にこりのちゃんは身体張ってるww
そしてそれ以上にことごとく笑いをかっさらっていくみっさまはやっぱりすごい、とつくづく思いました。笑いの中に人情あり。あったかいのです。

しかし私が大好きなのはやっぱりおなじみ95期コンビ、「三郎太」まいてぃと「勇人」れいちゃん!
今回この二人は同じ女を巡って争う敵対関係。前述の通り三郎太は無実の罪で捕まり、危うく極刑に処されかけます。そして、三郎太をハメた悪い連中の一人として、勇人が現れます。
こういう展開のお約束として捕まった三郎太は酷く痛めつけられるのですが、実際に三郎太に手を出しているのは別の悪人で、勇人は基本的にそれを冷やかに見つめているのみなのです。
勇人が直接手を下すのは一度だけ。満足に動けない三郎太の胸ぐらを掴み、散々罵倒し、最後は張り飛ばす……
っと、これだけならよくある善人をいじめるワル達の光景なんですが、普段のこの二人のキャラを把握した上で、今までも同期として数々の熱い芝居を繰り広げてきたことを考えると、これが非常に萌えるのです。
実はまいてぃがれいちゃんに対し攻勢を仕掛ける展開は今までの公演で何度かあったのですが、このようにれいちゃんがまいてぃを攻撃するような展開は、(私の記憶している限り)今まで一度もなかったのですよ。
「ついに逆転きたか……!!」というのが、第一印象でしたwwいわゆる「れいまい」コンビが大好きな方は必見の場面です。ファンならきっと滾りますw
(というか、最初人物設定見た時に「れいまい絡みあるんかな……?」って思うほどお互い何の関係もなさそうな役だっただけに、この絡みは嬉しかったですね……ww)

それにしても、れいちゃん好きな私としては大満足の公演でした。
全体的にコメディ要素満載なお芝居の中で、唯一のシリアス担当。誰もが(三郎太でさえ)一度は笑顔を見せる場面があるのに、れいちゃんだけは一度もありません。
その代わり、れいちゃんのクールビューティなビジュアルが最大限に活かされた役どころでした。とにかく格好いい。というか格好いい場面しかない。
痛めつけられる三郎太を冷やかに眺める場面でも、キセルを咥えて座っていたり、斜め後ろに身体を捻って佇んでいたり。ほぼ後姿、ほんのりと横顔のラインが見える状態で佇むれいちゃんの姿は格別です。顔はほとんど見えないのに、とてつもなくクールで美しいのです。これ必見。結構長い時間このポーズが見れますので是非。
みっさまとの殺陣も2回。高い身体能力を活かした素早い刀捌きは見事です。
(ちなみにこの勇人、ただの悪党ではないので、そこのあたりもご注目あれ)

そしてさらに……個人的に淡い期待を寄せていたことが実現しておりました。
れいちゃん、3番手としてフィナーレ単独センター場面もらってるのです
メイン男役はみっさま(主演)・あきらさん(2番手)の二人。この場合、いわゆる小劇場公演では明確な3番手が定められないことが大半なのですが……今回は明確にれいちゃんが3番手扱いになっていました。
というのも、プロローグで総踊りになっている時、みっさま・あきらさんと共に他の皆とは違う振付で踊っていたのです。というかしれっとみっさま・あきらさんの隣に入ってました
メインはみっさまとあきらさんなんだから、目立つ扱いになるのはこの二人だけでもいいはず。でもれいちゃんも入った。ということは、れいちゃんきちんと3番手なんだな……と。
そして本編終了後のフィナーレ……いきなりれいちゃんでびっくらこいた
いやまさか丸々一場面もらってるとは思わなかった!!娘役さん侍らせてセンターで歌い踊るれいちゃん……ここまで大きくなったんだなぁと感動もひとしお。本当に嬉しいものです。

ちなみにカテコでは懐かしのれいちゃん&きらりさん(華耀きらりさん)コンビがそれはそれは仲良さそうにじゃれ合っておりました……ええ、この二人は昨年のれいちゃん主演公演「ノクターン」での主演コンビです。ちょうど立ち位置が隣同士だからって仲睦まじすぎて萌えが爆発しました、はい。本編では一度も絡む機会がなかったんですよね……だからか!だからここで絡んでるのか!!とww

いやもう、これでもごくごく一部しか語っていないんですよ本当……盛りだくさん過ぎて一度では目が足りませぬ。これから観劇される方は心して観てくださいね!超絶面白いので!!


そんなわけで、今日はたっぷりれいまいを観て、帰ってからはスカステで次郎吉のナウオン(れいちゃん出ている)を見て、大いに満足していた……のですが、つい先ほどとんでもないまいれいがぶち込まれました……
スカステのタカラヅカニュースお正月スペシャルPart3にて、花組95期トリオ、まいてぃ・れいちゃん・しょみちゃん(真鳳つぐみさん)のトークがあったんですね。
この中でゲームがありまして、負けたまいてぃに仕掛けられた罰ゲームが「お姫様抱っこをして口説く」……だったんですが、どういうわけかその相手役に選ばれたのがれいちゃんww(普通ここは娘役のはずではw)
「なんで罰ゲーム関係ない自分が巻き込まれなきゃいけないんだ!」といった不満そうなオーラを出してるれいちゃんに対し、持ち前の腕力で見事にお姫様抱っこを決めるまいてぃ。そのまま口説こうと顔を近づけるのですが……れいちゃんが全力で嫌がったため、そちらはお預けとなりましたww
まあまずそもそもなんで男役同士でお姫様抱っこなんてしてるんだというツッコミもありますがww女役にさせられた上にお姫様抱っこなんてされたれいちゃん(本人は女役を嫌がっている)が迫ってくるまいてぃを全力で拒否している図がもう最高に面白かったです。同期同士だから恥ずかしいのか、はたまた別の理由があるのか……ww
とにかく、とんでもない萌え映像でございました。ごちそうさまです。(笑)


そんなわけでお正月休み最終日は大好きなれいまいをたっぷり拝むことができました!
おかげで明日からの仕事始めも軽快に過ごせそうです。よきかなよきかな。
本当、宝塚は私の元気の源でございます。今年もがっつり楽しむよー!

 - 宝塚

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

花組大劇場公演「新源氏物語」主要メンバーを語ります!
この記事の所要時間: 1626

2015年10月2日に宝塚大劇場にて初日を迎えた、花組公演「新源氏物語」「Melodia」。今回は「新源氏物語」について、男役・娘役それぞれの主要メンバーについて語ってみることにする。

花組東京新人公演「カリスタの海に抱かれて」観てきました!
この記事の所要時間: 1138

2015年5月28日、東京宝塚劇場にて花組「カリスタの海に抱かれて」新人公演が上演された。大劇場新公からの成長が楽しみなこの新公を観劇したので、その感想を記す。

花組梅芸&台湾公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」詳細感想いきます!
この記事の所要時間: 198

2015年7月10日に初日の幕が開いた、花組梅田芸術劇場公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」。8月には台湾での上演も控えているこの公演の感想を、今回は各ジェンヌさんごとに語る形でお届けする。

情報がどさっと降ってきた!
この記事の所要時間: 446

この記事の所要時間: 約 4分46秒 今日は何書こうかなーこないだから書こうと思って温めてきたあのネタ書こうかなーなんて考えていたらタカラヅカ的にビッグニュースが飛び込んできた夕刻でございました。なん …

月組バウホール公演「A-EN」ARTHUR VERSION観てきました!
この記事の所要時間: 2047

2015年8月29日より上演されている、月組バウホール公演「A-EN」。バウ・ワークショップということで朝美絢さん・暁千星さんが期間を分けてそれぞれ主演を務めることになっている。今回は前半期にあたる朝美さん主演「ARTHUR VERSION」を観劇してきたので、その感想を語る。

no image
情報は突然やってくるものです(花組台湾公演)
この記事の所要時間: 636

この記事の所要時間: 約 6分36秒 宝塚歌劇の情報はいつやってくるかわからない。だからいつ発表されるのだろうかとみんなやきもきするし、発表されたらされたでみんなの驚きや反応がすごい。 まあ実際は発表 …

月組バウ公演「Bandito」観てきました
この記事の所要時間: 1229

この記事の所要時間: 約 12分29秒 2月初っ端から観劇に行って参りました怜香@Ray_mnzkです。1月の花組終わってしばらく行かないかと思いきやそんなことはない。私花組の次に好きなの月組なのです …

星組「ガイズ&ドールズ」観てきました!
この記事の所要時間: 139

2015年8月21日に初日を迎えた、星組大劇場公演「ガイズ&ドールズ」。この公演は、星組新トップコンビとなった北翔海莉さん・妃海風さんの大劇場お披露目公演となっている。スカイとサラ、ネイサンとアデレイドという2組のカップルの顛末が面白おかしく描かれるこの公演を先日観劇したので、その感想を記す。

花組「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」初日観劇してきました!
この記事の所要時間: 1217

2015年3月13日、宝塚大劇場にて花組公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」初日の幕が上がった。新トップコンビ・明日海りおさん&花乃まりあさん率いる新生花組のスタートとなる今公演の感想を、まずはそれぞれの場面ごとに記していく。

怒涛の観劇週末最終日、花組「風の次郎吉」千秋楽観劇。そこで思ったこととか。
この記事の所要時間: 453

この記事の所要時間: 約 4分53秒 3連休最終日。宣言通り3日間すべて観劇に行って参りました! 今日は花組「風の次郎吉」シアタードラマシティ公演の千秋楽日。これが終わったら10日ほど開けて東京での公 …