Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

観劇祭り明けって大体こういうオチだよね/雪組観劇感想続き

      2015/02/23

この記事の所要時間: 915

3日間の観劇祭りを終えて今日から仕事再開。
……だったのですが、ええ、すっかり燃え尽きてました
もう勤務時間中ずっとぼーっとしていて腑抜けたようになっていました。なんか、何かやろうにもちっともやる気が出ない。
折悪しくほぼどの業務も相手先の連絡待ち状態で、自分だけで出来る業務が殆ど残っていなかったのも災いしたかもしれない。やらなきゃいけないことがあったら無理やりにでも手を動かせるんだけど、そういうのがないと動き出すにも動きだせないというか。
いやー、思い切り楽しんできた後の反動って怖い。「魂置いてきた」という表現があるんだけど、こういうことを言うんだなーと改めて。

しかしだ。そういうことを差し置いたとしても、やっぱり今日は厄日だったような気がしないでもない。
何があったのかというお話と、先日語りそびれた雪組公演感想の続きをお送りしましょうかね。今日も日記的な記事になっちゃいそうだ。


何があったかというと、実は、右足首捻挫しました
……いやまあそれだけなんですけど、ここしばらくもう何年も怪我っぽい怪我をしていなかった身としては結構な衝撃でした。うわーがっつりやっちゃったなーって感じ。

私はいつもお昼は社員食堂で頂いているのですが、今日いつものように食べ終えて食器を返却口に持っていくとき、テーブルとテーブルの間の狭い空間で人とすれ違う展開になったんですね。先に通らせてもらえたんですが、もたもたして待たせるのは良くないと思い、少し急ぎ足で通り抜けたんです。
で、そのままの勢いで食器返却口に到着し、食器を置く。
……その瞬間、派手に滑りました
別に床が濡れていたとかじゃないです。むしろなんで滑ったんだって感じ。食堂のおばちゃんが仰天してましたからね(そりゃそうだ)。
気が付いたら左膝を床につけた立膝状態で止まっていました。我ながら何とも言えない止まり方です(別にそんな気取った滑り方をしたわけではないぞ……)。
まあ当然痛みがあってしばらく動けなかったんですけど、感覚的にはどうやら右足首のみが痛い感じ。止まった時の体勢から考えても、滑った時の負担を右足だけに集中させて、他は庇っていた模様(ちなみに食器は無傷だった)。
……いや、それはいいんだけど、右足首大丈夫なのかこれ!?
そうこうしているうちに足動かせる程度には痛みが引いたので、ひとまず事務所に戻りました。

事務所の常備薬セットを開いてみると、幸いなことに湿布がありました。早速右足首に巻いてみました。具体的に痛みの強い箇所がまだよく分からなかったので、とりあえず足首全体を包む形で。
早めに湿布を貼っておいたおかげか、終業時間頃にはほぼ痛みはなくなって、違和感のせいで歩きにくいという状態になってました。

ちょうど今日は整体の予約を入れていたので、ちょうどいいとばかりに整体の先生に診てもらいました。
あちこち動かされた後、「骨折れたり靭帯切れたりとかはしてないですね」とのこと(そりゃそうなってたらそもそも歩けていないだろう)。今日は風呂に浸からないように、冷湿布をしっかり貼ってこまめに貼りかえるように、との指示を頂きました。
そして帰宅、夕食後風呂の代わりにシャワーで済ませて今に至るのですが。
今になって結構痛い
最初の時のように漠然とした全体的な痛みではなく、割と具体的というかピンポイントな痛み。「ああ、痛めたのはここだったのか」ってわかるような感じの。
それは右足首と甲の付け根あたりの内側あたりでした。なので、シャワー上がりの湿布はそのあたりをしっかり覆えるように貼りました。
先生曰く貼り替え目安は3時間とのことなので、寝る前にもう一度貼り替えようかな。明日は職場で取り替えるように何枚か持って行った方がよさそうだ。

ちなみにこの貼り替え時期、いろいろな説があるようです。3時間だったり、6時間だったり、半日だったり。どうやら湿布の種類によって異なるようです。注意書きに従うのが一番ですね。

とにかく、早めに治ってくれることを祈るしかないかな。来週末に遠征を控えているので、体調は万全で望みたいのですよ。怪我してる場合ではないのです。
怠りなく湿布貼っておかないとね!


さて、先日語りそびれた雪組公演「ファンシー・ガイ!」の感想語ってしまいましょう。少し日にちがあいてしまったので、少々手短になりますがご了承ください。

プロローグですが、全員が紫&黄色という斬新な色合いの衣装。初っ端から眩しいことこの上ないwwそれにハットもかぶっているので、どこに誰がいるかの判別は困難を極めます。というか、2階席からだと顔見えないんじゃ……?
今回の私のお目当てはのぞ様(望海風斗さん)とせしこ様(大湖せしるさん)だったのですが、二人ともセンター付近のわかりやすい位置にいたので比較的すぐに判別できました。のぞ様は周りと衣装が違うからともかく、せしこ様は口元しか見えなかったのにすぐにわかったというww
このプロローグの終盤で舞台全体を見渡していたら、とある男役に目が留まりました。本舞台最後列にいたので、かなりの下級生であることはわかったものの、誰なのかは全くわからず。後で詳しい友人に聞こうと思い、立ち位置だけ記憶しておきました。

続くプレスリーの場面。ここではかなと君(月城かなとさん)・とわきくん(永久輝せあさん)といった若手男役が気になりつつも、やっぱりせしこ様ばかり見ていたのですがwwここで一人だけ衣装の違っていた娘役さんが目を引きました。
ええ、非常に綺麗な娘役さんだったのです。みゆちゃん(咲妃みゆさん)かと思いましたが違う。雪組にまだ馴染みのない私には、この時は誰だかわからなかったんですよね……(後で知って衝撃を受けることとなるのですがww)。

お次、キャバレーの場面。
ここでちぎちゃん(早霧せいなさん)・ともみん(夢乃聖夏さん)・のぞ様’(望海風斗さん)が勢ぞろいします。のぞ様は歌います、とにかく歌いまくります。ずっと歌っています。のぞ様の歌声は本当に聴き応えがあるので、大満足!
その一方で他の面々はといえば、男役と娘役で組むのではなく、男役と男役、娘役と娘役が組むという、見る人が見ればテンションが上がるような組み合わせでダンスが繰り広げられています。
途中で一人女役が現れるのですが、顔見るとどう見ても男役。一瞬なぎしょ(彩凪翔さん)?と思ったが違いました。咲ちゃん(彩風咲奈さん)でした。咲ちゃんの女役って初めて見た気がするよ!

そして中詰め……かと思いきや、中詰めのようなそうじゃないような、不思議な場面が。
この場面は初っ端から盛大にガタッとなりました。だっていきなり2013年花組バウ公演「New Wave! -花-」の衣装着た人たちが出てきたんだもん!!
この花組New Waveは本当に大好きな公演で、何度も観に行きましたから、記憶に焼き付いているのです。別の人たちが全く同じ衣装着て出てきたらそりゃびっくりしますww(まあ、演出が同じ先生なので、想定の範囲ではあったのですが)
実はこの花組New Waveにはのぞ様が主演メンバーとして出演していたので、今再びのぞ様のいる組でその衣装が出てきたのはどこか縁深いなぁと思ったり。
そこから場面は流れて、ちぎちゃん・ともみん・のぞ様と娘役たちの場面に。ここではのぞ様の歌声に乗せて、悪魔に扮したともみんがちぎちゃんを誘惑していきます。またしてものぞ様歌いまくりです。
さすが同期、ちぎちゃんとともみんの駆け引きは見応えがありました。その一方で、歌い続けているのぞ様の表情がどこか狂気的に映ったことにぞくりとしてました(のぞ様って意外とよくそういう表情する気がするw)。

その次はオペラ座の場面。ここはほぼ、新トップコンビであるちぎちゃんとみゆちゃんのための場面と言ってもいいでしょう。ほぼ二人だけで場面が展開されていきます。
途中で男声とおぼしきコーラスが入ったことに驚きつつも、非常に情熱的かつ烈しい二人のダンスに、すっかり見入ってしまいました。正直言うと思考を忘れてしまうレベル。すごかったです。

そしてフィナーレへ。
最初がともみんとのぞ様のデュエットなのですが、この時の二人の衣装がなんと、2012年花組「カノン」で当時トップだったまゆさん(蘭寿とむさん)と壮さん(壮一帆さん)のもの!まゆさんが着ていた青の衣装はともみんが、壮さんが着ていた紫の衣装はのぞ様が着ていました。
再び見慣れた衣装が……というよりも、かつて花組から雪組に移りトップになった壮さんの衣装を、同じく花組から雪組に移ったのぞ様が着ているという事実にある種の感動を覚えたのでした。なんと運命的。
そこからラインダンスを挟んで男役群舞に入るのですが、この曲もものすごく聞き覚えのある曲……だったのですが、どの公演で使われていた曲かまでは思い出せず。もしかしたら、先ほども出てきた「カノン」のWデュエダンで使われていた曲かもしれない。が、違う気もする。もう一度確かめたいな。
最後のちぎちゃん・みゆちゃんデュエダンは、組カラーでもある緑の衣装。穏やかさと爽やかさのある、素敵なコンビだなと改めて。

最後のパレードで、そういえばプロローグで気になった男役いたな、下級生っぽいから大階段上にいるかな?と思って眺めていたらそれらしき人を発見。比較的長身で、笑顔の可愛い男役さんでした。

終演後に会った友人に、気になったジェンヌさんが誰だったのか確かめてもらいました。
結果。
プロローグとパレードで気になった男役は同一人物で、98期の彩波けいとさんでした。正直全く知らなかったです。長身で存在感があり、愛嬌ある笑顔が魅力的でした。次観るときは他の場面でも探してみたい。
そして、プレスリーの場面で気になった衣装違いの娘役は……なんと、ヒメ(舞咲りんさん)だったのです!
まさかこの人だったとは思わず……いやだってヒメって、お芝居では毎度強烈なインパクトを残していくすごい娘役さんなんですよ。今回だって客席の笑いやらなんやら全部かっさらうすごいインパクトの女優役だったんですから……。
でも実は、とても綺麗な娘役さんなのです。実は過去にも、綺麗な娘役さんいるなーと思ったらヒメだったことがありました。同じ反応をまたしてもしてしまったことに衝撃を受けましたねww
いやでも本当に、ヒメのヴィジュアルの美しさとお芝居の豪胆さのギャップには何度だって驚かされます。すごい。

……っと、意外と覚えているもんですね。ほぼ半年ぶりの雪組、しかもまだ覚えきれていないジェンヌさんが多い中で観てきたので、ほぼずっと「あの子誰だろう?」状態だったのが惜しいというか。これから少しずつでも観に行って、雪組生たちも覚えていきたいところです。


さてこれで次の観劇は今週末日曜日……東京です。花組東京国際フォーラム公演「アーネスト・イン・ラブ」を観に行きます。とにかく面白おかしいコメディのようなので、とても楽しみです。
って、それまでにこの足を治さなければww

観劇日記を書いているうちにブログネタもぼちぼち増えてきたので、明日からはそちらも消化していきますかね。
ではではー。

 - 宝塚

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

星組「ガイズ&ドールズ」観てきました!
この記事の所要時間: 139

2015年8月21日に初日を迎えた、星組大劇場公演「ガイズ&ドールズ」。この公演は、星組新トップコンビとなった北翔海莉さん・妃海風さんの大劇場お披露目公演となっている。スカイとサラ、ネイサンとアデレイドという2組のカップルの顛末が面白おかしく描かれるこの公演を先日観劇したので、その感想を記す。

専科バウホール公演「オイディプス王」観てきました!
この記事の所要時間: 1732

先日、専科バウホール公演「オイディプス王」を観劇することができた。メンバーの大半が専科生、しかも90分間ぶっ通しという宝塚では非常に珍しい公演であったが、期待をはるかに超える素晴らしい舞台だったので、感想を記しておくことにする。

no image
タカラヅカ年末の祭典行って参りましたー
この記事の所要時間: 730

この記事の所要時間: 約 7分30秒 今日は昨日の宣言通り、宝塚歌劇の年末の祭典ことタカラヅカスペシャル観劇に行って参りました! ……といっても、映画館での中継だけどね!ww いや本当、最後の最後まで …

花組大劇場公演終了、これまでをざっと振り返ってみる。
この記事の所要時間: 349

この記事の所要時間: 約 3分49秒 どうも、花組公演が終わって何とも言えぬ寂しさに見舞われている怜香@Ray_mnzkです。 いつもなら千秋楽は「平日だしわざわざ休んでまで行かなくてもいいかな」って …

花組大劇場公演「宝塚幻想曲」主要メンバーを語ってみます!
この記事の所要時間: 1521

2015年3月13日より上演されている花組公演、そのショー作品である「宝塚幻想曲」の感想を、メインキャストにスポットを当てて詳細に語っていきます。

花組東京新人公演「カリスタの海に抱かれて」観てきました!
この記事の所要時間: 1138

2015年5月28日、東京宝塚劇場にて花組「カリスタの海に抱かれて」新人公演が上演された。大劇場新公からの成長が楽しみなこの新公を観劇したので、その感想を記す。

情報がどさっと降ってきた!
この記事の所要時間: 446

この記事の所要時間: 約 4分46秒 今日は何書こうかなーこないだから書こうと思って温めてきたあのネタ書こうかなーなんて考えていたらタカラヅカ的にビッグニュースが飛び込んできた夕刻でございました。なん …

花組バウホール公演「スターダム」観劇してきました!
この記事の所要時間: 1630

2015年7月24日に初日を迎えた、花組バウホール公演「スターダム」。月組から組替えしてきた鳳月杏さんが初主演を務めたこの公演を観劇することができたので、その感想を記す。

花組梅田芸術劇場公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」初日を観劇!変更点かなり多いのでまとめます!
この記事の所要時間: 1857

2015年7月10日、梅田芸術劇場にて花組公演「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「宝塚幻想曲」が初日を迎えた。この公演は8月に台湾でも上演されるということもあり、かなり変更点が多いので、ますはそれをまとめてみることにする。

遠征に来ております
この記事の所要時間: 13

この記事の所要時間: 約 1分3秒 遠征先からこんにちは。怜香です。 今日は花組東京国際フォーラム公演「Ernest in Love」を観劇してまいりました。マチネとソワレのダブル観劇です。 今は観劇 …