Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

花組大劇場公演「宝塚幻想曲」主要メンバーを語ってみます!

      2015/05/08

この記事の所要時間: 1521

slooProImg_20150315184942.jpg

どうも、今日も今日とて花組観劇してきました怜香@Ray_mnzkです。
今日の11時公演はなんと花組前トップスター蘭寿とむさんが観劇にいらしておりました!開演前の客席がものすごい盛り上がりをみせておりました(笑)きっと組子の皆さんもいつも以上に気合が入っていたことでしょう。

私は今日は11時公演だけの予定でしたが……当日券で15時公演も観ようと思い立ったものの、見事に寝過ごし、ダブル観劇は諦めた……はずだったのですが、友人の厚意で15時公演も観れることに!しかもめっちゃ良い席!友よありがとう……!!

さて、昨日のカリスタ感想に引き続き、今日はショー「宝塚幻想曲」の感想をお伝えしようと思います。
今回は私が独断と偏見で選んだ「主要メンバーそれぞれの見どころ」を書いていきます。ほら、全部語ってたらキリないからね!ww
ネタバレ全開でいきますからお気をつけて!

※同公演感想記事はこちら ↓
花組「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」初日観劇してきました!(初日観劇感想)
花組大劇場公演「カリスタの海に抱かれて」メインキャストを語る!(「カリスタの海に抱かれて」観劇感想)

Sponsored Link

明日海りおさん:金色ド派手スーツで悪みり様!?そしてまさかの花魁!?七変化を見逃すな!

まずはトップスターみり様(明日海りおさん)から!
みり様はほとんどの場面に出ていますが(出てないの3場面だけだね)、 個人的にオススメなのは摩天楼の場面中詰冒頭

摩天楼の場面は、金ピカのド派手なスーツにハット、そして煙草を咥えて登場します……悪カッコイイみり様です!!
みんなが出てくる直前に煙草をバン!と投げ捨てるのがどえらく格好良い……!!
そこらもうずっと色気全開ですしかも悪みり様!目遣いがやばいです本当に。めっちゃオラオラしてるの!普段のみり様の可愛い系イメージなんて吹っ飛びますよ!

そんなみり様が、中詰冒頭ではなんと花魁姿に……!
前方でかのちゃん(花乃まりあさん)が歌う中、後方壇上に豪奢な花魁姿で登場します。そして娘役声で歌う!!
慣れない高音パートで大変そうではありましたが、澄んだ綺麗な声で素敵な花魁でした。というか、美しすぎる……!
そしてそこからの衣装転換がまたすごい!真紅と銀のキラキラタキシードに変貌します。なんて鮮やか!

美しいみり様、格好良いみり様、オラオラで悪イケメンなみり様、癒しの天使のようなみり様……本当にいろんな姿が見れますよー!

花乃まりあさん:アジアンビューティの格好よさ、純白の少女の儚さ……そして華やかさも味わって!

かのちゃんの見どころは、なんといっても中詰冒頭のソロと、嵐の場面の花園の少女でしょう!

プロローグ以降目立った出番のなかったかのちゃんですが、中詰冒頭で早速出番がきます。
和風と中華風をミックスしたような真紅の衣装……これが大人びた雰囲気を纏うかのちゃんにぴったりで、まさにアジアンビューティ!!
衣装はものすごく派手!というわけではないのですが、かのちゃんのくっきりとした顔立ちが引き立つお衣装だと思います。

そして嵐の場面!
れいちゃん演じる黒影に誘惑される花園の少女役。穢れなき純白の少女です。
少女は黒影と出会い、受け入れることで、愛を知らなかったはずの黒影と恋に落ちます。そのことが原因で黒影の仲間である影たちに引き離され、傷つけられ、最後は二人とも倒れてしまいます。
ダンスで表現しているれいちゃんに対し、かのちゃんは持ち前の演技力で表現している印象があります。傷つけられていく黒影を悲しげに見つめる少女の姿に胸が締め付けられます。
思えば昨年エリザベートの新公トークにて、れいちゃんはかのちゃんを「すごい透明感」と表現していました。まさにその通りのものすごい透明感……!黒影が惹かれるのもわかる気がします。
最後倒れた黒影に折り重なって倒れる姿にさえ、少女の優しさを感じます。何より本当に美しい……!
昨年のエリザベート新人公演で主演を務めたコンビであるかのちゃんとれいちゃん。息ピッタリの美しくも切ない世界を見せてくれますよ。

今回のかのちゃんはとても綺麗な衣装が多く、フィナーレのデュエットダンスのお衣装もとても上品で美麗……!中詰と同じ真紅のお衣装、かのちゃんの華やかさを引き立てていると思います!
大輪の百合花のように華やかなかのちゃんの魅力を是非味わってくださいな!

芹香斗亜さん:バスケ部のヘタレ青年がフィナーレの開幕を告げる!2番手羽根も背負います!

今回から正式に2番手となったキキちゃん(芹香斗亜さん)!みり様と直接絡む場面も増えましたし、自分が主役の場面も持つことになりました!

キキちゃん主役となったのは、バスケの場面
バスケ部の冴えないヘタレ青年アオイハナ(芹香斗亜さん)は、可愛いチアリーダーの女子タカネノハナ(城妃美伶さん)に「放課後一緒に帰ろう」と誘うものの、「バスケ下手だから無理」と一蹴され、さらには「シュート決めたら考えてもいいよ」と言われてしまう。勝利の女神たちに励まされ、仲間と共に強敵(柚香光さん)との試合に臨む。アオイハナは(ちょっとズルしつつw)どうにかシュートを決めるが、肝心のタカネノハナは先輩である強敵のところに行ってしまいましたとさ。……というお話。
まずそもそも「バスケ下手なヘタレ」という設定がキキちゃんにドンピシャなのです(笑)走るのは苦手と自認してらっしゃいますしね。それに実は結構経験多かったヘタレキャラ……持ち前のコメディセンスも存分に活かして、面白おかしく演じています。
タカネノハナに振られた直後のズッコケ寝そべりがまるで新喜劇みたいな面白さですし、(ズルして)シュート決めるところの表情も面白いを通り越して変顔状態でww本当コメディセンスを遺憾なく発揮しているなと思いました……!

そしてもうひとつ、フィナーレ場面最初のソロ
前の場面終了後たった一人残って、ソロで歌います。大劇場の舞台上にたった一人で歌うのは初めてじゃないかな……?
キキちゃんの明るく爽やかな持ち味を象徴するかのような、春の陽気を思い起こさせる歌。陽だまりのようにあたたかい雰囲気に包まれる感じがしていいですね……!

パレードではキキちゃんは2番手として降りてくるのですが、初日観た時、本当に驚きました……なんと大きな2番手羽根を背負っていたんです!!
ここ最近はどの組でも、2番手役ではあるけれどパレードでは羽根は背負っていないというパターンが多いです。でも、そんな中、キキちゃんは2番手羽根を背負ってきたのです。
つまり、正式に2番手が確定したというわけです。他の組にも2番手を窺う若手男役さんは何人かおり、その人たちが先に2番手になるかなと思っていたのですが、キキちゃんが一番乗りでした。驚き!
今年で研9になることを考えると、「2番手になるの早いなぁ!」とつくづく思います。2番手となったキキちゃんの活躍から目が離せませんね……!

柚香光さん:変幻自在、圧巻のダンス!バスケの強敵、嵐の化身!

れいちゃんは今回から3番手となりました。95期最速の3番手です!
類稀なダンスの才能をもつれいちゃん。今までも数々のショーで重要な役どころとして場面に出ていたりしました。そんなれいちゃんがついに、自分が主役の場面を持ちます!
そして恐らくはみり様をも凌駕する出番の多さ。波の場面以外はすべて出ているといっても過言ではありません。早変わりに次ぐ早変わりの連続なんだろうなと思うと、本当にすごいなと思います。

そんな「どの場面にも出ている」れいちゃんですが、特に美味しい場面を挙げるなら、バスケの場面の強敵役と、嵐の場面の黒影役でしょう……!

バスケの場面は、キキちゃん演じるバスケ部の青年アオイハナに立ち塞がる「強敵」役。バスケと言っても実際はダンス対決ですから、花組随一のダンサーであるれいちゃんがこの役というのは説得力が半端ないです……!
たそ(天真みちるさん)やちなつさん(鳳月杏さん)といった超個性的な仲間を引き連れて現れるれいちゃん。その雰囲気は……どこからどう見てもヤンキーですww真剣そのものなキキちゃんをよそに余裕ぶっこいてる姿が格好良くもあり面白くもあり(笑)それでいてダンスは断トツで上手い(=バスケ上手いという設定)ですからもう、すごいとしか言いようがない。
結局は試合には負けてしまうものの、タカネノハナことみれいちゃんは見事に射止めるので、最後まで隙のないイケメンヤンキーでしたww
(ちなみにれいちゃんがこのような「遊べる」場面に出るのは初めてなんだとか。確かにいつも幻想的だったり頽廃的だったりする場面にばかり出ていますよね)

そして自身初の主役場面となった、嵐の場面
愛を知らず粋がって生きている嵐の化身・黒影を演じるれいちゃん。仲間の影たちと荒ぶっていますが、純真無垢な花園の少女(花乃まりあさん)と出会うことで、状況は一変します。黒影は愛を知ってしまったのです。
仲間を裏切ったも同然の黒影に襲い掛かる仲間の影たち。少女を守ろうと足掻きますが、最後は少女ともども倒れてしまいます。ほんの少しロミジュリのような感じの物語でもありますね。
これまで黄泉の帝王トート閣下をはじめとして、数々の「人間ではない役」を演じてきたれいちゃん。もうこの手の役はお手の物といったところでしょうか……ビジュアルは完璧と言っていいでしょう。黒髪に青いメッシュという髪型が本当に上手い……!そして何より、本当に「人間ではない存在」に見えるのです。トート閣下を演じた時にも思いましたが、これは本当にすごいと思う……。
銀橋にたった一人で歌った後(この歌詞がまたれいちゃんの持ち味である鋭さにぴったりなのです)、本舞台に入り少女かのちゃんを誘惑します。仲間の影たちを制し自ら少女に近づく、その時に浮かべる薄ら笑みにはぞくりとします。美しく、かつ、狂気的。
しかし、かのちゃんと踊っているうちにその表情は消え、やがて優しささえ感じる微笑みに。そこから影たちに襲われます……本当に苦しそうな表情をしますし、ダンスでも思いっきり表現していますから、じっと見ているとこちらまで苦しくなってきます。
そして最後は倒れ、一度は起き上がりかのちゃんの額に口づけするも、再び倒れてしまう……この一連の動きがあまりにもリアルなんです。そして美しい。動きで表現することの凄さを実感します……!

ダンスの名手であるれいちゃんは、どの場面で踊っていても目を引く格好いいダンスを披露しています。個人的には摩天楼の場面フィナーレ群舞もオススメです!前者はスーツのジャケット捌きが目を瞠るほど鮮やかですし、後者は長時間の激しい動き&ダンスにも拘わらず、最後まで余裕を見せ続けるのが凄い。もう、さすがだとしか言いようがないです……!
そしてパレードでは3番手として、他のみんなとは違う衣装(キキちゃんと同じ)で降りてきます。これを初めて見た時には感涙でした……個人的に大好きなジェンヌさんだからというのも勿論ありますが、あの優秀な人材揃いの95期からついに3番手が誕生したか……!と。改めて、すごいなぁ、と思います。
是非!花組随一のダンサーれいちゃんの素晴らしいダンスの数々をご覧くださいな!

瀬戸かずやさん:イケメン旅人はフィナーレ群舞でも一味違う!

超イケメンかつ大人の色気が魅力のあきらさん(瀬戸かずやさん)。その男らしさに酔いしれている方もきっと多いことでしょう。
今回はあきらさんも自らがメインの場面を持っています!ちなつさん・まいてぃ(水美舞斗さん)と3人で旅人に扮する、波の場面

波の場面にて、あきらさんは旅人三人組のリーダー的な存在になっています。他の2人とはちょっと衣装が違いますね。
3人で仲良く波間を旅するうち、きらりさん(華耀きらりさん)をはじめとする波の花たちに誘われ、危うく水没しそうに!?なったりします。とても楽しい場面ですね。
この旅人3人、まるで三兄弟のような仲良し感が半端ないです!その中でも一番のお兄ちゃんという雰囲気を出しているのがあきらさん。イケメン兄貴!
途中できらりさんとデュエットダンスをしますが、この組み合わせ、実は昨年のバウホール公演「ノクターン」にて禁断の恋をしてみせた二人だったりします。二人とも大人の色気がすさまじいですから、今回もとっても見応えがあります……!イケメンと美女の組み合わせは素晴らしい!

あきらさんは他にも嵐の場面などに出ているのですが、イチオシはやはりフィナーレ群舞でしょうか。
男役さんはほとんどの人が大階段から現れるのですが、キキちゃん・れいちゃん・あきらさんだけは本舞台から現れます。ここで注目すべきなのが、2番手キキちゃん・3番手れいちゃんに続く存在として、あきらさんが入っているということです。
まよちゃん(鳳真由さん)やちなつさんは大階段スタートのメンバーに入っていますから、あきらさんはかなり特別!花組の中でも重要な存在となっているわけですね。この扱いは嬉しい……!
そしてこの本舞台に現れた時のあきらさんの決めポーズがまたとんでもなく格好いいんです。超男前で!!これ必見です本当!
大人の男の色気に溢れるイケメン男子あきらさんを見逃さないで!

鳳真由さん:バスケ部のメガネ男子は再び奇跡を起こすか!?「黒まよ」が味わえる影役もあるよ!

芝居心にあふれた、どこかほわほわとあたたかい雰囲気が魅力のまよちゃん。今回もそんなまよちゃんの魅力が詰まった役どころで登場です!

バスケの場面。まよちゃんはキキちゃん演じるアオイハナの仲間として、共にバスケの試合に臨みます。
この時のまよちゃんが、なんとメガネ男子なんですよね……!いかにも体育系ではなさそうです。他の仲間はマキシム(真輝いづみさん)・まいてぃ・なみけーちゃん(優波慧さん)と花組が誇るアスリートジェンヌが揃っているので猶更ですww
実はまよちゃん、2年前のショー「Mr.Swing!」にて、この場面と似たようなテイストの「野球場面」に、ちょっとお間抜けだけどホームランを決める(ある意味)奇跡の選手として登場していました。ということは、今回もそんな奇跡を起こすのか……!?
……と思いたいところですが、今回は普通にお仲間です(笑)でも他のメンバーとは違う癒し系なまよちゃんが魅力的ですね!

一方で、実は悪役をやると驚くほどの凄みが出るのがまよちゃんのもうひとつの魅力だったりします。
れいちゃんが黒影を演じる、嵐の場面。ここでまよちゃんは、黒影の仲間である「」の一員として登場します。
少女と恋に落ちてしまった黒影に襲い掛かるまよちゃんからは、黒いオーラを感じます……そう、「黒まよ」です!まよちゃんはその癒し系の雰囲気から「白」のイメージをもつことが多いですが、こういう黒い役もとても魅力的です。いつもとは一味もふた味も違うまよちゃんを、ここで味わって!

鳳月杏さん:超脚長い!旅人として仲良く場面を盛り上げるよ!

月組から組替えし、今回から花組の一員となったちなつさん。彼女の魅力は、何といってもその脚の長さ!超絶スタイルの持ち主なのです。
そんなちなつさんの長い脚を実感できるのが、あきらさん・まいてぃと共に旅人を演じる、波の場面です。
ここでは三人が一緒に行動しています。しょっちゅう並んでいます。身長はあきらさんとだいたい同じぐらい……なのですが、腰の位置が明らかに高いんです!どれだけ脚長いんだ……って話です。並はずれだよこれ!
ちなつさんの超絶スタイルはどこに居てもぱっと目を引きます。摩天楼の場面など、スーツを着ていてもその抜群のスタイルは引き立ちます!とことん格好いい!

ちなみにちなつさんはバスケの場面にも強敵れいちゃんの仲間として現れます。ヤンキーではなくクールなお兄さんという感じ……それがまた格好いいんですよね。
月組からやってきた超絶脚長いちなつさん、要注目ですよ!

水美舞斗さん:旅人の末っ子としてついに場面メインキャスト入り!バスケ部の頼りになる仲間でもあるよ!

今回、「カリスタの海に抱かれて」新人公演での初主演が決まったまいてぃ。勢いそのままにショーでも活躍します!

波の場面にて、まいてぃはあきらさん・ちなつさんと共に旅人役を演じます。まいてぃがショーで場面のメインキャストとなるのは恐らく初めてのこと!近い立場としては昨年の「TAKARAZUKA夢∞眩」銀狼の場面にて、「銀狼の影」としてソロ歌唱を務めたことがありますね。
あきらさん・ちなつさんと一緒に並んだまいてぃからは、見るからに末っ子のオーラが出ています(笑)可愛いですね。
でも、いざ踊り出すと、途端にものすごい色気が溢れてくるのがまいてぃの凄いところ。腰を振る踊りのところなんて、もう色気ダダ漏れです。やばい。波に揉まれる時の表情とかは可愛いというのに!このギャップがたまらないのです。

そしてまいてぃはバスケの場面にも出ています。キキちゃん演じるアオイハナの仲間として!
まいてぃは昨年の大運動会でも目を瞠るほどの大活躍を見せた「アスリート」ジェンヌ。足も速いですし、パワーも花組最強!そんなまいてぃがチームにいると、ものすごく頼もしく見えますね。この場面でキキちゃんを挟んでまよちゃんと対の位置で踊るところがあるのですが、非体育系な雰囲気のまよちゃんとの対比がすごく面白いです(笑)

他にもあらゆる場面で持ち前の濃い色気を遺憾なく見せつけてくれています!一度見たら必ずやられますよ!

今日のあとがき

いやはや、男役さんだけ語ったところで力尽きてしまったorzみれいちゃんとか、じゅりあ様(花野じゅりあさん)とか、きらり様とか、語りたい娘役さんいっぱいいるのに!
それに下級生のみんなも……。まあ下級生はまだしっかり見る余裕がないので(今日もれいちゃんばっかり見ていたw)、また後日語る機会を設けたい……なぁ。
何はともあれ、今回の花組、お芝居もショーもすごくクオリティ高いです!気になった方は是非観劇してみて下さい!
特にショーのフィナーレ群舞は……必見です。普通の群舞に比べ非常に時間が長いですし、とにかく物凄いので……!言葉では言い尽くせない凄さなので、是非その目で確かめてみて下さい。きっと圧倒されますよ……!
そして摩天楼の場面は男役全員超絶格好いい!!ここも見逃せませんよ。きっと好みのイケメン男役さんに出会えるはず!

さて、次の観劇は来週末かな……。ええ土日はすべて観劇入れています。一週間後が待ち遠しい……!

 - 宝塚 , ,

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

ヴィトー・ルーミアを考える ~月組バウホール公演「Bandito」2度目の観劇を経て~
この記事の所要時間: 1141

この記事の所要時間: 約 11分41秒 一週間ぶりに月組バウホール公演「Bandito」を観劇してきました怜香@Ray_mnzkです。 前回の観劇以来、気が付くとこの公演(というかヴィトー)のことを考 …

花組東京宝塚劇場公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」私が気づいた変更点をまとめてみる。
この記事の所要時間: 912

東京宝塚劇場で上演されている花組公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」は、大劇場公演と比べていくつか変更点がある。そこで、筆者が先日観劇した際に気づいた変更点をまとめてみることにした。

花組大劇場新人公演「新源氏物語」感想というかほぼ考察
この記事の所要時間: 1346

2015年10月20日、花組大劇場新人公演「新源氏物語」が上演された。主演の柚香光さんをはじめとする95期生にとって最後の新人公演となるこの公演について、感じたことを考察スタイルで記していくことにする。

no image
観劇祭り明けって大体こういうオチだよね/雪組観劇感想続き
この記事の所要時間: 915

この記事の所要時間: 約 9分15秒 3日間の観劇祭りを終えて今日から仕事再開。 ……だったのですが、ええ、すっかり燃え尽きてました。 もう勤務時間中ずっとぼーっとしていて腑抜けたようになっていました …

遠征日記:花組「Ernest in Love」観てきました
この記事の所要時間: 933

この記事の所要時間: 約 9分33秒 昨日(1/18)のことですが、東京まで遠征してきました。花組東京国際フォーラム公演「Ernest in Love」を観るためです。 花組子の中で私が好んでいる男役 …

各組公演情報が一気に!
この記事の所要時間: 656

この記事の所要時間: 約 6分56秒 どうも結局今週もやたら忙しかった怜香@Ray_mnzkです。毎日のように手間のかかる割り込みタスクが入ってくるせいで今日やるべきタスクやる時間がなくなるというor …

専科バウホール公演「オイディプス王」観てきました!
この記事の所要時間: 1732

先日、専科バウホール公演「オイディプス王」を観劇することができた。メンバーの大半が専科生、しかも90分間ぶっ通しという宝塚では非常に珍しい公演であったが、期待をはるかに超える素晴らしい舞台だったので、感想を記しておくことにする。

星組「ガイズ&ドールズ」観てきました!
この記事の所要時間: 139

2015年8月21日に初日を迎えた、星組大劇場公演「ガイズ&ドールズ」。この公演は、星組新トップコンビとなった北翔海莉さん・妃海風さんの大劇場お披露目公演となっている。スカイとサラ、ネイサンとアデレイドという2組のカップルの顛末が面白おかしく描かれるこの公演を先日観劇したので、その感想を記す。

花組東京公演千秋楽、退団者まわりと重大発表の話
この記事の所要時間: 744

2015年6月14日、花組東京公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」の千秋楽公演が行われた。この日を最後に宝塚を卒業された花組生4名のお話と、ある重大発表について雑感を記す。

月組バウ公演「Bandito」観てきました
この記事の所要時間: 1229

この記事の所要時間: 約 12分29秒 2月初っ端から観劇に行って参りました怜香@Ray_mnzkです。1月の花組終わってしばらく行かないかと思いきやそんなことはない。私花組の次に好きなの月組なのです …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA