Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

花組大劇場公演「Melodia」主要メンバーと気になる下級生さんを語る

   

この記事の所要時間: 1742

どうも、ご無沙汰しております 怜香@Ray_mnzk です。

花組公演も折り返しに近くなりましたが、まさかここまでブログに向き合えなくなるとは思いませんでした。書く時間が取れないというか、書きたくないと思ってしまうという。それだけのめり込んでるってことなんでしょうけどね……

そんなわけで、花組公演終わるまで更新はほとんどできないと思います。さすがに新公の感想は書きたいけどね。

さて、今回は前回の続きと言うことで、花組公演ショー「Melodia」の感想(というかそれぞれの見せ場など)を語っていきたいと思います!

例によってネタバレ過多なのでよろしくお願いします。

Sponsored Link

主要メンバーたちの見せ場など

まずは主要メンバーから語っていきましょう。分量に偏りがありますがご了承くださいませ……

明日海りおさん

今回がトップ就任後2作目のショーとなる、みり様(明日海りおさん)。今回も時に明るく時にクールにと、様々な姿を見せてくださっていますよ!

みり様が登場する場面で(個人的に)特に印象的なのは、中詰でのスキャット披露と、フィナーレラストのデュエットダンスでしょうか。中詰はスパニッシュな場面なので、中盤から「SPAIN」という曲が使われています。その歌の途中でみり様がスキャット披露されるんですよ!

そしてフィナーレ最後のかのちゃん(花乃まりあさん)とのデュエダンは、「My Funny Valentine」という曲で繰り広げられています。カゲソロはあかりん(綺城ひか理さん)とくりすちゃん(音くり寿さん)。二人とも本当に歌声が綺麗!

このデュエダン、とにかく大人の雰囲気が溢れててすごく素敵なのです……!しっかり踊るタイプのデュエダンですし、ストーリー性もあるので見応えがあります。なかなか自分に靡かないかのちゃんに動じることなく誘い続ける、みり様の自信に満ちた表情が素晴らしい。勝気な眼差しを向けるかのちゃんとの恋の駆け引きが感じられます!

パレードのみり様の大羽根はオレンジ色。月組時代に羽根を背負っていた時でも暖色系だったことはほとんどなかった気がするので、とても新鮮に感じます。元気カラーはいいものですね!

今回も安定の美しさと華やかさを見せて下さるみり様を堪能してくださいね。

花乃まりあさん

トップ娘役として2作目となる大劇場公演を迎え、さらに堂々たる舞台姿を見せてくれている、かのちゃん(花乃まりあさん)。前回のショー「宝塚幻想曲」では出番が若干控えめだったのですが、今回はがっつり出番があります!

プロローグでは赤色総スパンの華やかなドレスで登場。主要メンバーの中では唯一銀橋を渡る機会がありませんが、娘役を引き連れて踊る場面があるなど、活躍度合いは大きいです!

プロローグ後に本舞台上に残って、みり様と一緒に歌うという場面もありますよ。みり様の歌に合わせて踊るかのちゃんが本当に可愛い!

続いてかのちゃんは、黄金郷の場面「黄金の女」役として登場します。黄金郷エルドラードにあるという黄金の象徴的な存在といったところでしょうか。

このかのちゃん、何がすごいかって、黄金色の衣装に身を包んでいるというのにそれに負けることなく自ら輝きを放っていることです。衣装の煌びやかさに一切負けていないどころか、むしろ相乗効果でさらにかのちゃん自身が輝いているのです……これは本当にすごい!

それにこの黄金の女かのちゃん、なんというかクレオパトラをイメージさせます。いつかかのちゃんでクレオパトラか、あるいは「王家に捧ぐ歌」のアムネリスを見てみたいと感じました。きっと似合う!

そしてもうひとつ……かのちゃんはフィナーレのロケットの後、娘役場面の中心としてソロ+銀橋渡りがあるのです!

このかのちゃんがとにかく華やかで可愛い!さりげない仕草の一つ一つがキュートで、目が離せなくなります。それでいてスポットライトを浴びてさらに冴え冴えと輝きを放っているんですからすごい。

最後のデュエットダンスでも、大人っぽい楽曲にあわせてちょっとクールで大人びた雰囲気を醸し出しています。みり様の誘いを受け流すかのちゃんの「大人の女」に相応しい雰囲気がとても素敵!

トップ娘役としての活躍ぶりに頼もしさも感じさせてくれるようになったかのちゃん。今回も目が離せません!

芹香斗亜さん

今年から花組2番手として頼もしい活躍をしてくれている、キキちゃん(芹香斗亜さん)。今回も自分の場面を担っています!

キキちゃんは今回、Downtown Jazzの場面で主役を務めています。ひとりだけ赤い煌びやかな衣装を纏い、冒頭でなんと車の上に乗って登場します。すごくワイルド!

れいちゃん(柚香光さん)・ちなつさん(鳳月杏さん)・ゆきちゃん(仙名彩世さん)をはじめとするたくさんのメンバーの先頭に立ってがっつり歌い踊っていくキキちゃん。本当に格好いい!銀橋渡りだけでなく、最後は舞台上にひとりだけで決めポーズしたりするんですよ。

そしてフィナーレ黒燕尾群舞後の場面でも、一番最後に登場して舞台上にひとりきりで踊ります。存在感ある男役さんになられたんだなぁと改めて実感します。

パレードでは前回に引き続き、総スパンのお衣装に大きな2番手羽根を背負っておりてこられます。ますます頼もしい存在になられました……!

公演を重ねるごとに存在感を増していかれるキキちゃんの活躍に注目ですよ!

柚香光さん

今回も3番手として、ダンスを中心に大きな活躍を見せている、れいちゃん(柚香光さん)。もちろんショーでも見せ場多数です!

そのひとつが、Downtown Jazzの場面。ここのれいちゃんは、天才ダンサーの本領発揮といったところです!

とにかくダンスのキレが凄まじい。すぐそばにはキキちゃん・ちなつさん・ゆきちゃんと錚々たるメンバーが揃っているのですが、その中でも群を抜いてキレッキレのダンス。その凄まじさたるや、ファンならずとも思わず目を留めてしまうことでしょう。

特にターンの速さには神業的なものを感じます。周りの人よりも一瞬遅くターンに入っているのに、誰よりも早くターンが終わる。動きに一切の無駄がないのです。どうやったらあんなに素早いターンが出来るのだろうと何度見ても思います……!

続いては中詰。恐らくここが一番の見せ場です。

れいちゃんはなんと冒頭で登場!中詰の先陣を切ります。情熱的な深紅のスペイン衣装を纏い、たった一人せり上がりでの登場です。少しの間、舞台上にれいちゃん一人きりで踊ります。れいちゃんの卓越したダンスをじっくり見られますね!

その後銀橋に出て、本舞台上で下級生たちが踊っている前でソロ歌唱。そして本舞台上に戻ってきて……ここからがすごい。

なんと、女役に扮したちなつさんと、舞台上に二人きりでのデュエットダンスをやるのです!

上級生たるちなつさんにも臆することなく、強めのリードを仕掛けていくれいちゃん。ちなつさんもただそれに身を任せるなんてことはなく、真っ向から立ち向かってくる感じなので、力関係の拮抗した見応えあるデュエダンとなっています。どちらが相手より優位に立つのか分からない、毎回違った駆け引きが見られそうです!

その後何度か中詰での出番を経て……次なる見せ場は、フィナーレ黒燕尾群舞の後です。

群舞終了後、主だったメンバーがはける中、れいちゃんは残ってセンターで歌い始めます。そこから3度目の銀橋ソロ!ここは途中からまよちゃん(鳳真由さん)・ちなつさん・まいてぃ(水美舞斗さん)も加わり、4人の並びが見られます。美味しいですね。

そして最後はパレード。れいちゃんは小振りながらも羽根を背負って降りてきます……!羽根を背負うということは3番手として正式に認められたということなので、ファンとしては感無量ですね。嬉しい!

今回は自分の場面こそ持たないものの、随所で見せ場の多いれいちゃん。今回も神業的なダンスは必見ですよ!

瀬戸かずやさん

今年から4番手男役として、色気ある男役像を存分に見せてくれている、あきらさん(瀬戸かずやさん)

今回のショーでは、ひとつ大きな見せ場があります。みり様・かのちゃんを中心に繰り広げられる、黄金郷の場面です!

この場面は、みり様扮するピサロが、コンキスタドール女のじゅりあ様(花野じゅりあさん)と8人のコンキスタドールたちを引き連れ、黄金郷エルドラードにある黄金を奪いに行くという展開。

あきらさんは、黄金の象徴たる女かのちゃんをそばに控えさせる、エルドラードの王として登場します!

このあきらさんがとにかく金ピカなんですよね。王だからマントなりローブなり纏っているかと思いきや、割と脚のシルエットがしっかり見えるお衣装で。このような金ピカド派手なお衣装を纏うあきらさんは初めて観ました!新鮮!

王あきらさんは、黄金(と、かのちゃん)を奪おうと現れたピサロみり様と対決します。ダンス対決です。結構長いことやっているのですが、コンキスタドール達もそれぞれにエルドラードの兵士たちと対決を繰り広げているので、見るのが大変です(笑)

最終的にはあきらさんは敗れ、無念の表情でせり下がっていきます。この表情がまた美味しいんですよね。本当この場面はどこをとっても見応えあって、あきらさんの一番の見せ場だと感じます!

他にもあきらさんはプロローグ・中詰・フィナーレ黒燕尾後に銀橋ソロ渡りがあります。特にフィナーレでの銀橋渡りは、反対側から渡ってくる娘役さんたちとすれ違いざまの絡みがあって素敵!

パレードでは2色使いの豪華な肩羽根をつけて一人で降りてきます。さらに頼もしさを増したあきらさんの活躍をお見逃しなく!

鳳月杏さん

バウホールでの主演を経て、またひとつステップアップされた印象のある、ちなつさん(鳳月杏さん)。今回のショーでも、さらに見せ場が増えました!

プロローグではまよちゃん・まいてぃと共に銀橋渡り。この時、ちなつさんが3人の中でセンターなんですよね。この三人はみんな歌を得意としていますが、ちなつさんの柔らかい歌声は特に印象的です。

続いてDowntown Jazzの場面に登場。キキちゃん・れいちゃん・ゆきちゃんと共に激しいダンスを見せてくれています。ちなつさんの長身と男役らしさのある体格を活かしたダンスが映えます!

そして、ちなつさんの一番の見せ場となるのが、中詰でのれいちゃんとのデュエットダンス!

ちなつさんの女役ってほとんど見たことない気がするのですが、抜群のスタイルの良さも相まって、非常に見栄えのする女役姿なのです。何より、脚が長い!!

ちなつさんと言えば長くて綺麗な脚。この女役のお衣裳は、一部が短い丈になっているので、ちなつさんの美しいおみ足が堪能できます……さらに、自ら脚を見せてくれる部分もあるんですよ。贅沢すぎる!

相手役であるれいちゃんとの駆け引きも、毎回少しずつ違っていて興味深いです。ちなつさんがれいちゃんに上から目線な眼差しを向けていることが多く、ちなつさん優位なのか?と思いきやれいちゃんの力強いリードに狼狽えた表情を見せる時もあり……またある時はどこか優しげであったりと、何度見ても飽きない展開が繰り広げられていますよ。

個人的にはこの女役ちなつさんは「女帝」に見えるのです。ものすごく強気だから。顎に触れようとするれいちゃんの指先を容赦なく払いのけるちなつさんは必見です(笑)(最近はちょっと優しくなってきてますけどね!)

その後、中詰の後半で銀橋渡りがあります。ここは一人でソロ歌いながらの銀橋渡り!中詰前半でれいちゃん・あきらさん・キキちゃんと立て続けに銀橋渡りした後、しばらく間をおいて後半でちなつさんだけが銀橋渡りになるので、注目度も自然と高まります。

何より、今回は一人だけで銀橋渡るのが印象的ですね。前回公演時は、娘役さんが一緒でしたから。

そしてフィナーレ黒燕尾群舞の後には、再びまよちゃん・まいてぃと共に銀橋に登場。この時は先に銀橋に出ているれいちゃん、そしてすぐ後に続けて出てくる退団者メンバー(紫峰七海さん・真輝いづみさん・姫歌ひな乃さん)とが銀橋上にいることになるので、なかなか豪華です。

パレードではべーちゃん(桜咲彩花さん)と共に、肩羽根つけて降りてこられます。確かなステップアップを感じますね!

今までよりもさらに活躍の場が増したちなつさん。是非注目してくださいね!

鳳真由さん

穏やかそうに見えて実はとっても濃くてアツい人、それがまよちゃん(鳳真由さん)

今回はすごく大きな見せ場があります!中詰ラスト、銀橋にひとりだけ残って、ソロを歌われるのです!

この歌がまた非常に色気ある歌詞で、しかもまよちゃんが実に熱く歌っておられるので、さらに情熱度合いが増すんですよね!ここ最近このようなまよちゃんの熱い歌い方を見かけていなかったこともあり、とても印象的に映ります。

しかも銀橋での歌なので、かなり客席釣りをしてらっしゃるのです。がっつり熱い釣り方はさすが生粋の花男!見逃せない重要ポイントです。

他にも、黄金郷の場面コンキスタドールの筆頭格として登場します。ここはいつもと雰囲気の違うビジュアルになっている人も多い中、まよちゃんはいつものまよちゃんらしさをかなり保っている感じがします。それがまた格好いい!

他にも、プロローグとフィナーレ黒燕尾群舞後にちなつさん・まいてぃと3人で銀橋渡りがあります。そしてパレードでは肩羽根をつけて、まいてぃ・りりかちゃん(華雅りりかさん)・みれいちゃん(城妃美伶さん)と共に降りてこられますよ。

まよちゃんの熱い歌声を堪能できる機会があるのは嬉しい!要チェックですよ!

水美舞斗さん

一目見ればたちまち元気になってしまえるほどの超明るい笑顔を見せたかと思えば、時として凄まじく色気ある表情を見せたりもする、まいてぃ(水美舞斗さん)。バウ公演2番手を経て、さらにひと回り大きく成長されたように感じます。

まいてぃも今回とてもいい見せ場があります。フィナーレ冒頭、いわゆるロケットボーイとしてのソロがあるのです!

白と水色のお衣裳がとにかく爽やかで、まいてぃのキラキラと元気いっぱいな笑顔も相まって、本当に明るく楽しい場面になっています。

しかも、ひらめちゃん(朝月希和さん)とみれいちゃんも登場して、超キュートな姿を見せてくれます。まいてぃとの絡みも本当に可愛くて微笑ましい!

このまいてぃのソロからロケットへと繋がっていきます。爽やかなフィナーレの幕開きという感じがして素敵です!

まいてぃは他にも、黄金郷の場面コンキスタドールの筆頭格として登場しています。ここのまいてぃがもうこれ以上ないほどの超絶イケメンなんですよ……!まいてぃのイケメンぶりは熟知していたつもりでしたが、今まで見てきた中でも最高レベルですこれは。こんなにカッコいいまいてぃは見たことない……!と驚きました。色気も凄まじいですしね!

プロローグやフィナーレ黒燕尾群舞後の銀橋渡りは、基本的にちなつさん・まよちゃんと一緒ですね。そしてパレードではまよちゃん・りりかちゃん・みれいちゃんと共にセンター降りしてきます!まいてぃがセンター降りするのは2013年「オーシャンズ11」以来のはず。めでたい!

今回ぐっと活躍の場が増したまいてぃ。色気に満ちた姿も、明るく爽やかな姿も必見ですよ!

気になる下級生たちをご紹介

ここまで主要メンバーについて語ってきましたが、最後に私が今回注目している下級生についてもご紹介したいと想います。花組は下級生にも見どころある人が

帆純まひろさん

99期男役ではあれんくん(亜蓮冬馬さん)が注目されていますが、この人も要注目だなと感じます……ほってぃ(帆純まひろさん)です。

ほってぃはとても端正な顔立ちをされています。個人的な印象としては、星組の紫藤りゅうさんに面差しが似ているように感じています。

今回のショーでは、Downtown Jazzの場面冒頭から登場している6人組の中に含まれています。お衣装が青・緑・黄と3色あり、それぞれ2人ずつ居ますが、ほってぃは緑色を着ています。下手側の3人のうち前から2番目です。

ここではほってぃの高い身体能力を感じることができます!連続ターンなどの難しい振付を難なくこなしておられます……これはかなりのダンサーの予感!

それにロケットでも、何度も側転を披露されています。実は前回公演「宝塚幻想曲」でも中詰で鮮やかな側転を見せておられました。ここからも身体能力の高さが窺えます!

思わず目が留まるような華やかな顔立ちに、才能を感じさせるダンス。これからの成長が楽しみになります。

新公ではれいちゃんの役である六条御息所と柏木を演ずるほってぃ。初の大役をどう演じるかも楽しみですね!

聖乃あすかさん

100期男役の中では一番注目度高いのでは?と個人的に認識している、あっすー(聖乃あすかさん)。昨年の組回りでも花組公演に出演していて、研1ながらパレードなどで客席アピールする姿に将来花男となる片鱗を垣間見たなと思いだします。

今回あっすーは、黄金郷の場面にてコンキスタドールの一員に選ばれています。この中にはまよちゃんやまいてぃも含まれていますから、かなりの抜擢!

このコンキスタドールメンバーは、大半のメンバーがいつもとは違う雰囲気を醸し出しています。まよさん・まいてぃを筆頭に若手男役が揃っているのですが、全員いつも以上に大人っぽく、色気が溢れているんですよ。

もちろんそれはあっすーとて例外ではありません。元より色気を持ち合わせている印象はありましたが、今回のコンキスタドールでそれがぐっと密度を増したように感じます。

というか、ぶっちゃけ、イケメンです。初めて目に留まった時、見慣れないイケメンがいるな……と思ってよく見たらあっすーだったのには驚きましたね。

見たところ、ダンスは得意としていそうです。身長こそ平均的ですが、非常に体格がよく、男役として恵まれた身体をされているように感じます。個人的には胸板が立派なのがポイント高かったですね!(笑)

新人公演ではまいてぃの役を演じるあっすー。ショースターとしても輝けそうで、楽しみな若手男役のひとりです!

愛乃一真さん

配属されたばかりの最下級生である101期男役の中で注目株といえばこの人、まのくん(愛乃一真さん)ではないでしょうか。

まのくんは先日のバウホール公演「スターダム」にも出演しておりました。役は、オーディションメンバーと、マフィアのふたつ。オーディションメンバーの時は、なかなかにキレのあるダンスを踊られておりました。マフィア役でも、大真面目にちょっとコミカルな役どころを演じており、配属されたばかりながらかなりの活躍を見せていましたね。

そんなまのくん、今回はあっすーと同じくコンキスタドールの一員になっています。最下級生ながら抜擢されているのです!

ここでのまのくんは、コンキスタドールメンバーの例にもれず、他の場面で見る時とは雰囲気が違っています。少なくとも、スターダムで観ていた時とはかなり変わっていました。スターダムの時は「元気いっぱい!」という感じがあったのですが、今回はそうではない印象です。

まのくんもかなりのダンサーと言う印象!しなやかかつキレのあるダンスを踊っておられます。個人的には腕の振り方に躍動感が感じられて好きですね。

新公ではまさし(矢吹世奈さん)の役である犬君を演じます。こちらも楽しみです!

翼杏寿さん

最後に、101期からもうひとりご紹介。あんじゅ(翼杏寿さん)です。

あんじゅもまのくんと同じく、先日のバウホール公演「スターダム」に出演しておりました。役は確かオーディション番組スタッフの一員。

この公演のフィナーレで最後列あたりの下級生を眺めていた時に目に留まったのが、あんじゅだったのです。ずばり、お顔が好みでした。花男に似合うような濃さを持ち合わせているなと感じたのです。

さて今回の公演では、Downtown Jazzの場面に出演しています。お衣装カラーは青。

基本的に大勢の中にいるので見つけにくいのですが、中盤で大半のメンバーがはけた後に出てくる、キキちゃんを中心とした少人数グループの中にいます。この時キキちゃんが「カモン!」と叫ぶのでこれを目印に。

あんじゅはこのグループの最後列下手端にいます。キキちゃんを頂点とした逆三角形の、左上の頂点です。恐らくここが一番見つけやすいでしょう。

先日観てみたら、やはり花男らしさのある濃さをもっておられました。まだ私は確認できていないのですが、この場面であんじゅは色々と積極的に小芝居をされておられるのだとか。今度確認したい!

新人公演では固定の役は担わないようですが、様々なところで小芝居が見られることでしょう。楽しみですね!

今日のあとがき

というわけで、花組公演ショーの感想でした!

いくら書けないとはいっても、さすがに新公までには書き上げなければならない……と半ば必死で書いてましたね。一応少し書き始めればある程度は書けたので、どうにか間に合いました。

そうこうしているうちにもう新公です。大好きなれいちゃんの最後の新公主演!しっかり見届けてくる所存です。

それでは、今回はこのあたりで。

 - 宝塚 , ,

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

専科バウホール公演「オイディプス王」観てきました!
この記事の所要時間: 1732

先日、専科バウホール公演「オイディプス王」を観劇することができた。メンバーの大半が専科生、しかも90分間ぶっ通しという宝塚では非常に珍しい公演であったが、期待をはるかに超える素晴らしい舞台だったので、感想を記しておくことにする。

花組大劇場公演「新源氏物語」主要メンバーを語ります!
この記事の所要時間: 1626

2015年10月2日に宝塚大劇場にて初日を迎えた、花組公演「新源氏物語」「Melodia」。今回は「新源氏物語」について、男役・娘役それぞれの主要メンバーについて語ってみることにする。

no image
タカラヅカ年末の祭典行って参りましたー
この記事の所要時間: 730

この記事の所要時間: 約 7分30秒 今日は昨日の宣言通り、宝塚歌劇の年末の祭典ことタカラヅカスペシャル観劇に行って参りました! ……といっても、映画館での中継だけどね!ww いや本当、最後の最後まで …

月組バウ公演「Bandito」観てきました
この記事の所要時間: 1229

この記事の所要時間: 約 12分29秒 2月初っ端から観劇に行って参りました怜香@Ray_mnzkです。1月の花組終わってしばらく行かないかと思いきやそんなことはない。私花組の次に好きなの月組なのです …

遠征に来ております
この記事の所要時間: 13

この記事の所要時間: 約 1分3秒 遠征先からこんにちは。怜香です。 今日は花組東京国際フォーラム公演「Ernest in Love」を観劇してまいりました。マチネとソワレのダブル観劇です。 今は観劇 …

星組「ガイズ&ドールズ」観てきました!
この記事の所要時間: 139

2015年8月21日に初日を迎えた、星組大劇場公演「ガイズ&ドールズ」。この公演は、星組新トップコンビとなった北翔海莉さん・妃海風さんの大劇場お披露目公演となっている。スカイとサラ、ネイサンとアデレイドという2組のカップルの顛末が面白おかしく描かれるこの公演を先日観劇したので、その感想を記す。

各組公演情報が一気に!
この記事の所要時間: 656

この記事の所要時間: 約 6分56秒 どうも結局今週もやたら忙しかった怜香@Ray_mnzkです。毎日のように手間のかかる割り込みタスクが入ってくるせいで今日やるべきタスクやる時間がなくなるというor …

花組公演続報!新公一部配役に次回公演演目発表!
この記事の所要時間: 434

この記事の所要時間: 約 4分34秒 仕事の合間にアークスフィアをプレイする習慣がついた怜香@Ray_mnzkです。こういう習慣だけは無駄にすぐ身に付きますねww 今日も今日とてそんな感じで仕事してた …

情報がどさっと降ってきた!
この記事の所要時間: 446

この記事の所要時間: 約 4分46秒 今日は何書こうかなーこないだから書こうと思って温めてきたあのネタ書こうかなーなんて考えていたらタカラヅカ的にビッグニュースが飛び込んできた夕刻でございました。なん …

花組「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」初日観劇してきました!
この記事の所要時間: 1217

2015年3月13日、宝塚大劇場にて花組公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」初日の幕が上がった。新トップコンビ・明日海りおさん&花乃まりあさん率いる新生花組のスタートとなる今公演の感想を、まずはそれぞれの場面ごとに記していく。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA