Luminous Tale.

過去よりも未来よりも「現在」を幸せに生きるために。今ここにある日常を輝かせるための“魔法”をお届け。旧「月光の狭間」。

*

情報がどさっと降ってきた!

      2015/02/23

この記事の所要時間: 446

今日は何書こうかなーこないだから書こうと思って温めてきたあのネタ書こうかなーなんて考えていたらタカラヅカ的にビッグニュースが飛び込んできた夕刻でございました。なんかもう、「マジで!?」って感じの発表。いやー驚いた。
というわけで今日はこの話から。(そしてまたネタが先送りになっていくw)


6年という長きにわたり星組トップスターとして君臨されてきたちえさん(柚希礼音さん)・ねねちゃん(夢咲ねねさん)が来年卒業すると発表されてから数か月。
今日、ついに次期トップコンビが発表になったのでした。
みっちゃん(北翔海莉さん)ふうちゃん(妃海風さん)
……一言でいえば、まさに文句なしの実力派コンビ、といったところでしょうか。
私はみっちゃんほどお芝居・歌・ダンス全てにおいて高い実力を兼ね備えている人を他に見たことがありません。ふうちゃんも歌とお芝居は申し分ないですし。
星組のお芝居を観に行くのが楽しみになりそうな、そんなコンビだと思います。

そしてもうひとつ。
組替え発表。
概ね年に1~2度あるのですが、毎年だいたい年末にはほぼ必ずあるので、そろそろじゃないかと思っていたところでしたが……
今回は、
まかぜさん(真風涼帆さん)が星組から宙組へ。
かいちゃん(七海ひろきさん)が宙組から星組へ。
……というものでした。ちょうど二人が入れ替わりという形。
しかし、これは正直本当に意外でした。特にまかぜさん。今まで星組でスターとなるべく成長してきた感のあるまかぜさんだけに、まさか星組を離れる日が来るなんて想像もつきませんでした。こんなこともあるんだなぁ……と。
ですが今や星組を代表するスターの一人であるまかぜさん、宙組に行っても大いに輝いてくれることでしょう。
そしてかいちゃん、この人もまたお芝居の実力の高い人。みっちゃん・べにさん(紅ゆずるさん)・かいちゃんと芝居巧者揃った星組が見せるお芝居が楽しみでなりませぬ。

改めて、みっちゃん&ふうちゃん、次期トップおめでとうございます!


もうひとつ宝塚のお話。
今日ちょうどいい時間に今年の宝塚巴里祭が放送されていたので、一通り見てみました。花組の出演だったこともありこれは実際に観に行きましたね、懐かしい。
数々のシャンソン(あいにく私はシャンソンに疎いため、知っている曲は少なかった)が歌われる巴里祭ですが、観ていた当時何よりも心打たれた曲があったのでご紹介。

「黒い鷲」。巴里祭では定番の一曲のようで、今までも数多くのジェンヌさんが歌われたようです。
これは専科の磯野千尋さんが歌われているバージョンですが、iTunesにある中ではこれが一番原曲通りなんじゃないかな?と思います。他にもありますが、サヨナラショー用に編曲されていたりしているので。

聴いたことない!という方は、まずは何はなくとも聴いてみて下さいまし。私の貧弱な語彙では語れないぐらい、魂に響く素晴らしい歌です。
私がこの曲に初めて出逢ったのは前述した今年の巴里祭ででしたが、その時に思ったことが今も心から離れずにいます。
「いつかこの黒い鷲を、ご贔屓に歌ってほしい」
先ほども聴きながら、私の大好きなジェンヌさんが歌う姿を想像してみました。
不思議なことに、想像しただけで泣けてきました。本当、いつか、歌ってほしいなと思います。


一昨日あたりから、瞑想を始めてみました。
実はしばらく前に少しやったことがあったんだけど、長続きしなかったんですよね。久しぶりに再開してみた感じです。
瞑想といっても宗教くさい何かというわけではないですよ。「本来寝ている間にやっている脳内の情報整理を、起きている状態でもやる」ための作業だと私は解釈しています。
仕事やらでやること多すぎててんやわんやなってるとき、「頭パンクする!」って思うことがあるかと思いますが……これが「脳内の情報整理が追い付かなくて、新しい情報を処理できない」状態なんですね。
瞑想では、一時的に頭から雑念を追い出して、頭をからっぽの状態にしちゃいます。なんにも考えない状態。新しい情報が入ってこなくなるので、その間に脳がせっせと情報整理してくれる、という感じです。

瞑想のポイントが簡潔にまとまっているのがこちら。

初心者が瞑想を始める時に抑えておきたい4つのポイント | サムリのブログ

一番難しいといわれる「頭を空っぽにする」作業ですが、私は腹式呼吸で大きく深呼吸しながら、呼吸の数を数え、息を吸ったり吐いたりする音に意識的に耳を傾けることで行っています。「呼吸に集中するとやりやすい」っていわれるのですが、その具体的な手法というか。
すーー、はーー、という音を聞きながら、いーーち、にーー、さーーん、と数える。こんな感じ。
あとは、途中で余計なことを考えだしたら、わざと呼吸の音が大きく聞こえるように思い切り息を吸って、思い切り吐く。思わず呼吸の音を聞いちゃうように。これで集中を取り戻します。
私は姿勢はそんなに気にしてません。楽な姿勢にしてます。あと静かすぎるのが苦手なので、小さめの音量でクラシック音楽やら環境音やら流してます。まあ実際瞑想中は「すーー、はーー」しか聞かないのですが(笑)

今はまだ数分しか集中力もたないのですが、そのうち5分ぐらいは軽く出来るようになりたい。その頃には瞑想の効果出てきてるといいなー。


実を言うと毎日いろんなネタが降ってくるので、先こっち書こうかなーとかやってるうちに以前思いついたネタを数日ぐらいは軽く抱えっぱなしになっている状況だったりします。いつ書こうかねぇ(笑)

 - 宝塚

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

月組バウホール公演「A-EN」ARI VERSION観てきました!
この記事の所要時間: 1612

2015年8月14日から23日まで上演されていた、月組バウワークショップ「A-EN」ARI VERSION。暁千星さん主演のこの公演は、先日上演されていた同公演のARTHUR VERSION(朝美絢さん主演)の対にあたる公演である。千秋楽前日になってようやく観劇することができたので、その感想を記す。

花組梅芸&台湾公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」詳細感想いきます!
この記事の所要時間: 198

2015年7月10日に初日の幕が開いた、花組梅田芸術劇場公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」。8月には台湾での上演も控えているこの公演の感想を、今回は各ジェンヌさんごとに語る形でお届けする。

no image
情報は突然やってくるものです(花組台湾公演)
この記事の所要時間: 636

この記事の所要時間: 約 6分36秒 宝塚歌劇の情報はいつやってくるかわからない。だからいつ発表されるのだろうかとみんなやきもきするし、発表されたらされたでみんなの驚きや反応がすごい。 まあ実際は発表 …

花組大劇場公演「カリスタの海に抱かれて」メインキャストを語る!
この記事の所要時間: 1615

先日幕を開けた花組大劇場公演「カリスタの海に抱かれて」の観劇感想。今回は主な登場人物にスポットを当てて詳細に語ります。

花組梅田芸術劇場公演「ベルサイユのばら」「宝塚幻想曲」初日を観劇!変更点かなり多いのでまとめます!
この記事の所要時間: 1857

2015年7月10日、梅田芸術劇場にて花組公演「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編-」「宝塚幻想曲」が初日を迎えた。この公演は8月に台湾でも上演されるということもあり、かなり変更点が多いので、ますはそれをまとめてみることにする。

花組大劇場新人公演「新源氏物語」感想というかほぼ考察
この記事の所要時間: 1346

2015年10月20日、花組大劇場新人公演「新源氏物語」が上演された。主演の柚香光さんをはじめとする95期生にとって最後の新人公演となるこの公演について、感じたことを考察スタイルで記していくことにする。

花組東京宝塚劇場公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」私が気づいた変更点をまとめてみる。
この記事の所要時間: 912

東京宝塚劇場で上演されている花組公演「カリスタの海に抱かれて」「宝塚幻想曲」は、大劇場公演と比べていくつか変更点がある。そこで、筆者が先日観劇した際に気づいた変更点をまとめてみることにした。

宙組公演「王家に捧ぐ歌」観てきました!
この記事の所要時間: 1525

6月27日、宙組大劇場公演「王家に捧ぐ歌」を観劇した。私自身としては実に3年ぶりとなる宙組観劇となったこの公演の感想を、メインキャストに焦点を当てて記す。

ヴィトー・ルーミアを考える ~月組バウホール公演「Bandito」2度目の観劇を経て~
この記事の所要時間: 1141

この記事の所要時間: 約 11分41秒 一週間ぶりに月組バウホール公演「Bandito」を観劇してきました怜香@Ray_mnzkです。 前回の観劇以来、気が付くとこの公演(というかヴィトー)のことを考 …

花組大劇場公演「Melodia」主要メンバーと気になる下級生さんを語る
この記事の所要時間: 1742

2015年10月2日に初日を迎えた花組公演「新源氏物語」「Melodia」。今回はこのうちショー「Melodia」について、主要メンバーの見せ場や、個人的に注目している下級生さんについて語ってみることにする。