Luminous Tale.

「今を幸せに生きる」ために。過去よりも未来よりも、目の前の「いま」にいつもまっしぐらに生きる人。旧「月光の狭間」。

*

モルダバイトの巡り合わせと天然石のホントのこと(前編)

      2017/09/09

この記事の所要時間: 1023

どうも、ここ最近良くも悪くもいろいろありすぎててんやわんやになっている怜香@Ray_mnzkです。

8月後半の東京遠征から戻ってきて以来、まあもう本当いろいろとありまして。いいこともあれば悪いこともありました。

しかしですね。特に後者の「悪いこと」に遭遇した時に気づいたんですが、どうもいつもとは違う自分がいるように感じているんですよね。今までならこう考えたりはしなかったよな、みたいな。

「あー、これは、きっと石のおかげだな」

……なんて思いましてね。そんなことをつらつら考えながら書いていたら、どえらく長い記事が書き上がってしまいました。書き始めてから完成まで実に2週間以上w

今回はその前編、この度私に起きたいろいろの引き金となったであろう存在、モルダバイトのお話を中心にお送りしようと思います。

※【2017/09/09追記】後編も公開しました。→ モルダバイトの巡り合わせと天然石のホントのこと(後編) | Luminous Tale.

Sponsored Link

宣言通りに出会うことになったモルダバイト

東京遠征で出会うだろう、と言っていた結果……

先日、東京に遠征した折に、毎度必ず立ち寄る天然石ショップで出会ったモルダバイトの原石ペンダントトップ。

実は私、今年に入って不意にモルダバイト原石が欲しくなり、数ヶ月ほど前に「8月に東京遠征した時にいつものお店でモルダバイト原石ペンダントトップを買う」なんて宣言をこっそりしていたのです。その時は本当に「なんとなく」そんな気がしていただけだったんですけどね。

でもその後別途モルダバイト6mm丸玉をひとつ仕入れてブレスレットを作ったため、もう遠征時にモルダバイト買う必要もないかな、とか思っていたのですが。

……まさかの、宣言通りに出会ったのです。

出会うべくして出会ったとも言える、衝撃的な巡り合わせ

しかもこれ、店員さんによると、私がお店に立ち寄ったまさにその当日に入荷したばかりだったらしく、まだ店頭に並べられてすらいなかったものだとのことで。私が「モルダバイト原石ありますか?」と聞いていなければ出会うことはなかったわけです。

あまりの偶然かつインパクト強すぎる出会いに、給料日前でお財布事情が厳しかったのもお構いなしに購入したのでした(モルダバイトとしては比較的リーズナブルなお値段だったのですが、如何せん、モルダバイト自体がえらくお高い代物なので)。

モルダバイトがもたらしてくれた超展開

常時身につけていなくても早速幸運を運んでくれたモルダバイト

さて、そのモルダバイトもご多分に漏れず石酔いを引き起こしてくれまして。

今でこそ普通に常時身につけていますが、購入して一週間程度は寝る前の1〜2時間程度のみ身につけるだけで、あとは外出時にポケットに入れておくといった方法で少しずつ慣らしていました。でないとすぐに頭痛やらが起こるからです。

そんな調子だったのですが、当のモルダバイト、早速すごい展開をもたらしてくれました

相場より安値で売られていたアイテム。しかもその売り主は……

私はこの数ヵ月ほどの間、いつもプレイしているゲームで最高級装備を買うべく、地道に貯金を続けていたのです。

その装備を最初に欲しいと思った当時の相場が35億。その半分ほどを貯めたところで相場確認したら少し下がっていて、30億に。そして先日ようやく20億まで貯まったので再度確認したら、なんと相場25億になっていました。

おお、これなら、あと5億。もうひと息だな……と思いながらその装備の取引リストを眺めていると、なんと、21億売りがあるではありませんか。

資金は少しばかり足りていませんでしたが、これは逃すわけにはいかない。もう数日ほどすれば売りに出している高額アイテムが売れて1億ぐらいはギリギリ確保できるだろうから取り置きをお願いしてみよう……そう考えて、取引申込みをしてみたところ。

その人は、半年ちょい前に当時の私が資金調達のために売りに出した装備を買ってくださった方、ご本人だったのです。

当時の取引ログが残っていて気づいたわけなのですが、本当にびっくりでした。まさか、またこうしてご縁が得られるとは

「その節はありがとうございました」とご挨拶し、ダメもとで取り置きを願い出たら、「当時はお世話になったから」と快諾くださった上、さらに事情を話すと「それなら20億でお売りしますよ」と言ってくださり……。

有難くその場で20億支払い、念願の最高級装備を手に入れることと相成ったのでした。

思わぬご縁と巡り合わせで起こった奇跡

そんなわけで、最初に購入を思い至った時の相場35億からしたら実に15億も少ない資金で購入ができたわけであり。しかも、かつて取引のご縁があった方だったからこそ、ただでさえ相場より安いというのにさらに値引きまでしていただけたのです。

これを奇跡と呼ばずして何とするか。

もう、眩暈がしそうなぐらいの超展開でしたね……今でも信じられないぐらいです。買った最高級武器はちゃんと手元にあるんですけどね。

モルダバイトは本当に「運が良くなる」石だった!?

偶然にしては出来過ぎな展開

そして思ったこと。

こりゃきっと、モルダバイトの仕業だわ、と。

モルダバイトは、「偶然が偶然を呼ぶ石」だの「思ったことがすぐに現実化するようになる石」だのといった触れ込みがあるわけですが(プラス、石酔いが起きやすいことでも有名ですね)。「本当にそんなにすごい石なのか?」と半信半疑なところがあったわけです。

前述の通り私はすでにモルダバイトの6mmビーズは身につけているのですが、今までに明らかそれと分かるような劇的な偶然に遭遇した記憶はなく。石酔いも特にありませんでしたから、やっぱりモルダバイトに対しては半信半疑なままだったのです。

それが、今度は当初の宣言通りに「東京遠征でモルダバイト原石に出会って手に入れる」こととなり(これは我ながら驚愕でした)、身につけるなりすぐさま石酔い、からの数日後には早速劇的な偶然が発生することに。まるで「こうでもしなきゃ信じないだろ」と言わんばかりの超展開ぶり。

これはもう、モルダバイトの働きを信じないわけにはいきません。偶然にしては出来すぎなんですもの。何より、モルダバイトが引き金だったと思わざるを得ないようなタイミングで起こっているんですよね……。なにせ「入手して数日のうちに」起こったのですから。

今まで運に恵まれないのが常だったのに……

思えばこのモルダバイトを購入した翌日、前述のゲームで装備強化(強化を重ねれば重ねるほど成功確率が落ちる)をしたら、いつもは3回目ぐらいで失敗して装備をダメにしてしまうのに、初めて最大強化の10回目まで全部成功したんですよね。

私はガチャなどの「確率絡み」のものにはめっぽう弱く、何度ガチャ引いても激レアものが全く引けなかったり、成功率7割程度はあると見込まれる作業なのに見事に失敗したり(フレは同じ条件下で普通に一発成功していた)、成功率20%と明記された作業なのに30回ぐらいトライしても全部失敗したり……と散々な結果しか得られていなかったんです。だからもう、今回初めて成功率低い作業に全部成功したことが、本当にびっくりだったわけで。

きっとこれが珍しく成功したのも、モルダバイトのおかげだったのかもしれません。なんせ手元に来て次の日の出来事でしたからね。モルダバイトからしたらほんの挨拶代わりといったところだったのかもしれません。

モルダバイトが教えてくれた、天然石の本当のところ

やはり石の効果は本当だった

そんなわけで、巷では「様々な幸運現象を呼び込む石」として有名になっているモルダバイトは、本当に幸運をもたらしてくれることが分かりました。そしてこれまたよく言われる「石酔い」の体験も。これらは「モルダバイトフラッシュ」とも呼ばれていますが(幸運現象を指す説と石酔いを指す説とがあるようです)、確かにそう名付けたくなるぐらいインパクトある事象を経験させてくれますね。「ほんまかいな」と思ってきましたが、いやはや、ほんまでした

石は生きている、と言われたりもしますが。そんなことあるわけない、とほとんどの人が思っているでしょうし、実際私もつい最近までそう思っていたのですが。ここにきて、考えが変わったというか。「石は本当に生きているのかもしれない」と思えるようになってきました

石が持ち主の意識を変えてくれる

モルダバイトに限らず、先般ご紹介した黒水晶スギライト、そしてここ最近とみに身につけるようになったシトリン等々、確かに身につける前後で「何かが変わった」ように感じることが増えたのです。

でもそれに気がついたのはごく最近で。なにせ「いつの間にか変わっていた」という、よく注意していなければ気づかないような些細な変化だったのです。ものの考え方が今までとは違っていただとか、今まで嫌悪感を覚えていた事象に遭遇してもなんとも思わなくなっただとか、へこむような失敗をしでかしても下手に落ち込まず前を向けるようになっただとか(私はかなりネガティブ人間だったのでこれは大きな変化でした)。

その気になれば、石などなくても出来ることなのでしょうけど。なかなか自力でこういう変化を起こすのは難しいのではないかと思います。

だから、「自分を現状をなんとかしたい、変えたい」と願ったときに、そのお助けツールとして石を頼るのは大いにアリなのではないかなと。

使えるものは使う、ではないですが、せっかく頼れる存在があるのだから、素直に頼ってみてもいいでしょう。むしろ、素直に委ねることでうまくいきやすくなるような気もします。

石の力を借りて「手放し」を

心理学やスピリチュアルの世界では、「手放す」ということが重要視されていますが。

悩みの種であるその対象にこだわり続けても事態が好転することはなく、そこから身も心も離れた時にふっと好転する。実際に出来てみるとわりとあっけない感じがするのですが、出来るまでがとてつもなく大変です。泥沼です。

そこから抜け出すための一助として、石はかなり有用なのではないかなと思います。

実際私がそんな泥沼にはまって抜け出した時も、手元には黒水晶スギライトがありましたしね。私が長らく頭では分かっていながらもたどり着けずにいた境地、「ま、いっか~」を、もたらしてくれたと感じています(他の石との相乗効果も含めて、ではありますが)。

そこからでしたね、嘘みたいにすっかり気持ちが楽になって、幸運に恵まれるようになってきたのは。

もたらされたのは幸運ばかりではない。不運だってあるわけで……

このように、モルダバイト原石ペンダントトップを手にしたことがきっかけで「石の効果」を肌身で実感できるようになり、幸運に恵まれるようになったわけですが。でも当然ながら、幸運もあれば不運もあります。人生楽ありゃ苦もあるさ、ってやつです。ええ、実際ありました。人間、「いつまでも幸運」なんてことはないですからね。

ですが、石のおかげで早々にその不運は乗り切りましたよ。なかなか自分でもびっくりな切り抜けスピードでしたね。もっとネガティブどっぷりにはまるかと思ったのに。

ここから話してもよいのですが、長くなるので続きはまた次回ということで。

今日のあとがき

というわけで、モルダバイトと天然石にまつわる実体験なお話、前半戦でございました。

これ、自分としては別館ブログの方に書くような内容なのですが。でも書いていたらどえらい長さになったので、これはここ行きかな、と。

普段ここに載せている記事とは随分毛色が違うように感じるかもしれませんが、こういうのを書くのもまた私。思えば初期の頃はこんな感じの文章よく書いていたんじゃないかしら。

それにしても、まさかこの話、前後半に分かれることになるとは。実は最初に一通り書き上げた(まだ見出しは作っていない)段階で、既に6500字近くはあったわけでして。見出しをつけたら膨大な数になり、しかも見出し込みトータル7000字に迫ってきていたので、「これは分けるしかないわ」と。

出来るだけ近いうちに後編を公開しようと思っておりますので、しばしお待ちいただけましたら幸いです。

※【2017/09/09追記】後編も公開しました!→ モルダバイトの巡り合わせと天然石のホントのこと(後編) | Luminous Tale.

それでは、今回はこのあたりで。

 - 天然石 , , ,

Sponsored Link
Sponsored Link

  関連記事

私の愛用天然石ブレスを紹介します -スギライト編-
この記事の所要時間: 924

地球からの贈り物ともいえる、それぞれに様々な意味をもった、数多の天然石。その中でも筆者が愛用しているものを中心に紹介していきたいと思う。まずは紫色が美しい、日本とも縁の深い石、スギライトをご紹介。

私の愛用天然石ブレスを紹介します -ロードライトガーネット編-
この記事の所要時間: 759

筆者愛用の天然石ブレス紹介第3弾。今回は、一般的なガーネットとはひと味違う、美しいワインレッド色をした石、ロードライトガーネットを紹介する。

私の愛用天然石ブレスを紹介します -三色タイガーアイ編-
この記事の所要時間: 844

筆者お気に入りの天然石アクセサリ紹介。今回はタイガーアイを中心とした、仕事運特化のブレスレットを取り上げる。

魔除けの正体。魔除けは何をもたらすのか?
この記事の所要時間: 818

天然石の世界では必ずと言っていいほど目にする言葉である「魔除け」。魔除けを謳う天然石アクセは数知れずだが、具体的にどのような効果があるのか。筆者の実際の体験を踏まえ考察してみることにする。

私の愛用天然石ブレスを紹介します -黒水晶編-
この記事の所要時間: 949

筆者お気に入りの天然石ブレス紹介シリーズ、第2弾となる今回は黒水晶(モリオン)をメインとした魔除けブレスをご紹介する。

モルダバイトの巡り合わせと天然石のホントのこと(後編)
この記事の所要時間: 854

先日公開した「モルダバイトの巡り合わせと天然石のホントのこと」の後編にあたるお話。今回はモルダバイトによる幸運の直後に訪れた不運の連続と、天然石に対する筆者の意識変化についてを中心にお送りする。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA